上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

人間は、考え方によってはみんな孤独です。

なので、自分を守りながら生きていかないといけない。その考え方はある意味正しいけど、それはあくまで哲学的な話だけ。人間関係やコミュニケーションにおいては、そういう「自分を守る」みたいな行動は嫌われるだけの要素になります。難しいもんですね。矛盾っちゅうやつです。でも、よく考えたら矛盾でもなんでもない気がする。

人間だけじゃなく動物なんかも、本来は助け合って生きていくもの。哲学的には孤独になることはあっても、助け合うことに生き物としての醍醐味があるっちゅうても過言じゃない。言ってみると、「孤独だからこそ、助け合う」んです。まあ、それだけ聞いたら当然の話ですよね。「孤独だから、自分を守る」じゃない。なんかこうやって言ってみると当たり前のように聞こえるけど、実際、世の中には「孤独だから自分を守る」ような行動をするやつもいる。まあ、どうせそいつは周りに「みんなで助け合おう」みたいなことを言うんでしょうけど。

ここ最近、そういう奴を何人か見てしまって、かなり悲しくなった。

もちろん、誰にだってそんな部分があるんやろうけど、いざと言うときにその人の本質が見える。なんかそういうのって悲しいっすよね。犯罪者だって、捕まってすぐ反省して謝るんならまだマシやと思えるけど、最初は否認していて、どうしようもなくなってから自供して、その後にやっと謝る奴って、ほんま最低ですよね。カッコ悪いし。

僕の周りに一人、どんな時でも「自分よりまず相手」っていう人がいます。疲れてようが何だろうが、その人は相手を思いやる行動をしてくれます。たとえお金がかかることでも。僕も見習わなあかんです。やっぱそういう人には人が集まるし、そうじゃない人には寄ってこない。そんなもんです。どんな考えを持った人間かなんて、発言とか行動をあえて細かく分析しなくでも感じ取れるもんです。ここ最近見た悲しいヤツにも、どうせ人は寄ってこないでしょう。そしてそいつらは、逆に保身なんてゼッタイできないんです。
スポンサーサイト

2009.02.02 | 世の中 | トラックバック(0) | コメント(2) |

昨年の9月、30歳になった瞬間、いや少しそれは誇張しすぎだが、30歳になったことで自分の考え方はいろんな部分が大きく変わった。気がする。

世の中は人間が他の動物たちを支配して生きている。けど、そんなんあくまでも地球の中だけの話で、その地球が無くなったとたんそんな世界は跡形もなく消える。今まで築いてきた文明も、科学も、文化も言葉も感情も、何から何までゼロになってしまう。人間・・・いや地球の生物は、自分の知る限り地球の中のみにその歴史を残してきた。一部、月には残ってるんかも知れんけど。まあ、それがおかしいとか悲しいとかそんなんを言うつもりはなくて、何が言いたいかというと、よく言われている『環境』というものをこのまま順調に(?)破壊し続けると、いつか地球が滅びてしまうのではないか?ということを考えてしまう。「俺らが生きてるうちは大丈夫やろ~」とかいう考えもあるだろうけど、いまの自分はなぜか、その考えを超えちゃっている。

例えば、あくまで例えばの話だが、自分が死んで、輪廻転生で新しい自分に生まれ変わったとき、前の記憶は残ってないとはいえ、やっぱり美しい地球のもとに生まれたい。3回死んで3回生まれ変わっても、また地球に生まれたいのです。もし2回目に死んでから3回目に生まれ変わるまでに地球が滅亡しちゃったら、自分はどこで生まれ変わるんやろ?まだ文明も発達してない宇宙の片隅にある小さい星で、気持ち悪い宇宙人として生まれ変わるんだろうか・・・?そこには、愛や友情や喜び、悲しみなんていう感情は存在するんだろうか?感情を表現する言葉はあるのだろうか?すてきな想い出をつくることができる星なのだろうか?たぶん、そうじゃないだろう。こんなに恵まれている地球なんて、そうあるもんじゃない。

極端な話で笑われるかもしれへんけど、、、30歳になって、自分は急に歳をとったような気がして、自分や自分の周りにいる人もいつか死んでしまうんやなあ~ということを、改めて深く考えてしまうようになった。そして、人だけじゃなくて、この世界やこの地球も、いつか終わりがくるんじゃないかって思うようになった。なんか、地球が存在することなんて当たり前のように思ってしまうのが普通やけど、決してそうじゃない。

百歩ゆずって、自分が死んでしまうことまでは納得するとしよう。めっちゃ悲しいし嫌やけど、最悪しゃあないとしよう。でも、生まれ変わったときに地球がなかったら、なんて悲しいんやろう。こんなに奥が深い人間を、地球を、ゼッタイに絶やしてはいけないんやで。ほんまに。「だからどうせえっちゅうねん!」って自分でも思うけど、なんとなくそう思ったから書いてみました。

みんな、地球にやさしくしような。

2009.01.20 | 世の中 | トラックバック(0) | コメント(0) |

犯行後に言った「誰でもよかった」っていう言葉。


この「よかった」とは

何がどう「よい」のか?

何が何に対して「よかった」ことになるのか?


死刑になりたいんやったら、

自らで自らを死刑にしたらいいんちゃうのん。


俺は自殺には反対やけど

こんなん勝手に自殺してくれた方がマシ。


拳銃にびびってナイフを捨てるなんて、

ほんまにこいつ死刑になりたいんかな。


自分が世の中で小さすぎる存在であることに

耐えられへんくなったんやろう。


死にたいくせに

死ぬのがめちゃめちゃ怖かったんやろう。


でも、「誰もあかん」ねん。

アホでもわかるやろ。

2008.06.10 | 世の中 | トラックバック(0) | コメント(2) |

玉置浩二の歌で、こんな歌詞がある。

どんな時でも どんなことにでも

人の気持ちになって この心が痛むなら

むだなことだって 言われたって

かまわないから


人の気持ちになって考えることは、本当に重要なこと。自分自身、それができているかはわからないが、それが大切だってことは分かる。世の中には、同じようにそれが分かる人もたくさんいるだろう。しかしその反面、分かっている振りをして、この考えが明らかに分かっていない人もいる。程度に大小はあるが、いままでに私が出会った中ににもそのような類の人物は存在する。小さい行動でも、最終的に自分の利益や地位、評判になると思えることしか行わない。一見、人のためにしているようなことでも、実は自分にとってオイシイと思えることだからやっている。そんな裏側がバレバレな人を見ていると、本当につまらないと感じる。その程度がたとえ小であっても、それは醜い。

今日、昨年に放送された「FNS27時間テレビ」で、番組制作上の倫理違反があったとする意見書が放送倫理・番組向上機構からフジテレビに渡された。

放送されたのは、新潟中越地震の被災者にリンゴを送り続けている東北地方の女性に江原啓之氏が訪ねるというドッキリ企画。彼女は美容院を経営しながら、亡くなった父親から受け継いだりんご園を経営していた。しかし、新潟で地震が起こって以来、彼女はりんご園の経営をやめ、被災地などに無償でリンゴ送るようになった。放送では、その無償提供が原因で費用がふくらみ、本業の美容院の経営も厳しい状況になっているという内容だった。そこに江原氏がドッキリで訪れ、亡き父のメッセージとして「お前は間違っている。リンゴを送る前に、まず本業である美容院をしっかりやれ。」という意味の言葉を投げかけたのである。

このような内容の企画はまあ普通にあり得るものなのだが、問題は、事実と違っていたこと。彼女の美容院は経営難でも何でもなく、彼女は「リンゴを送ること」と「美容院の経営」のバランスには何も悩んでいなかったという。それなのに、江原氏から「間違っている」というような言葉を“父からの言葉”として受けたので、彼女は大きなショックを受けた。良かれと思って行っていたボランティアを、天国の父が反対するという事実。これは、天国の父からのメッセージを押しつけるべく、番組が都合のよい状況を勝手に作り出したと言える。視聴率欲しさに細工をし、何の罪もない善人を傷つけたのである。

テレビ局がこのような“ヤラせ”を行うことはもはや驚きでも何でもないが、問題は何の罪もない善人を傷つけたこと。メディアは真実を伝えるのが仕事。ジャーナリズム的に言えば、良き事実には賞賛し、悪事を批判すべきである代表的な存在。視聴率=広告費=自社、それを最優先し、人の気持ちになって考えることができないテレビ局なんて、自己中心的で何よりも価値のない存在である。

自分の利益を優先するよりも、心から人の気持ちになって行動する方が、回り回ってよっぽど自分の利益になる。なのに、なぜそれがわからないのか。そんな行動なんて、みんなすぐ気づくものである。

2008.01.21 | 世の中 | トラックバック(0) | コメント(0) |

日本では1.7人に1人が保有しているとされている自転車。世界でもトップクラスの保有率だ。そして地球温暖化が叫ばれている現在、自転車は排出ガスが発生しないクリーンな移動手段として世界的に注目されている。この状況を考えると、もちろんきちんとした駐輪場に自転車を止めることがベストなのだが、路上駐輪もある程度仕方のない状況であると言わざるを得ない。

しかし、しかしである。路上駐輪の際に発生するストレスに関しては、昔からほとんど改善がみられない。現実を受け止め、路上駐輪を前提とした自転車社会の創造をつくりだそうとしてもよいでのはないだろうか。そこでいま、路上駐輪に関する2つの提言を唱えよう。路上駐輪そのものに問題があると言われればそれまでなのだが。

1)壁に対してナナメ45°に止めろ!
基本的にこの社会では、自転車は壁に対してほぼ直角に近い角度で止めている。言ってみれば、自転車が完全に壁の方を向いてしまっているのだ。警備員のオッサンもよかれと思ってか、路上駐輪しているチャリンコをきれいに直角に整頓している。しかも、自転車と自転車がほぼ密接した状態。この止め方だと、確かにビジュアルはきれいに見える。しかし、これでは自転車を出すときにとてつもないストレスを感じるのだ。

自転車のカギは前輪についているタイプが多く、直角に密接された駐輪状態であれば、カギ穴にカギを差し込むには身体をかなり前に傾けないといけない。無理な状態でカギを入れるので、ミスする確率も高くなる。もしそれをミスし、カギを落としてしまったときなんて最悪だ。前輪付近に落ちたカギを拾いたくとも、自転車同士が密接した状態で取りにくいったりゃありゃしない。ストレスは急激に上昇する。カゴも遠く、荷物をカゴに入れる行為だけでも体力を使う。ストレスはもう限界。

そこでだ。自転車を路上駐輪させるとき、壁に対して約45°くらいナナメにした状態で止めれば、自分から前輪までの距離が近い。カギも入れやすく、荷物もカゴに入れやすい。多少、止められる自転車の総数は少なくなってしまうかもしれないが、それは我慢してもらうとしよう。このナナメ45°の方法を実践すれば、ある程度密接させた状態でもストレスを感じず自転車を出す準備を行うことができる。どうでしょう。素晴らしい案ではないか。

2)ハンドル、ペダルを折りたためるようにしろ!
上記1)のようにナナメに止めたとしても、自転車を出すときに隣の自転車に引っかかり、出しにくい場合が多々ある。これはかなり冷静に対処しないと、どんどん「引っかかりレベル」が増していくのだが、この状況で頭に血が上らないわけがない。力技に持って行こうとすると隣の自転車まで一緒についてきて、バランスを崩し自転車が倒れ出すと指が挟まれたりしてケガをする。引っかかる部分の多くはハンドルもしくはペダル。タテ長スタイルの自転車のなかで、左右に出っ張っているのはこの2つの部分だけ。密接して止めると、どうしてもここが隣と引っかかってしまう。

そこでだ。出すときにうっとおしいハンドルとペダルを、どうにかして折りたためるようにできれば、出すときに隣の自転車に引っかからず、スムーズに取り出すことができる。ストレスが溜まらない、快適なチャリンコライフになるのではないか。自転車製造業のオッサンどもよ、もう路上駐輪を前提にチャリンコの形状を考えても良いじゃないか。


・・・以上の2つを実践すると、日本全体のストレスはチリも積もってかなりの改善が考えられる。自転車のストレスは、気付かないうちに溜まっているもの。敢えて意識してみると、かなりムカつく乗り物である。しかし、上記のような改善を行うだけで、かなり快適な乗り物になる。しょーもないことではない。大きな大きな問題なのだ。

2007.08.23 | 世の中 | トラックバック(0) | コメント(3) |

先日、ipodが急に動かなくなった。「カチッ、カチッ」という音とともに、画面にはイラストで泣き顔のipodが表示された。とりあえずその日は放っておき、アップルストアに向かうタイミングを数日間うかがっていたのだが、ある日、そのipodが急に動き出した。理由はよくわからないが、ipodは再び私の生活に音楽のある生活を与えはじめた。これはどう考えても偶然の出来事なのだろうが、その時はまるでipodに自然治癒力が働いたような気がして、なんとも不思議な気持ちになった。

思えば、自然治癒力というものは素晴らしいものだ。ある程度のケガや病気なら、何もしなくても治してくれる。例えばそれが重い病気であっても、自然治癒力と現代医学を組み合わせれば、良くなることも治ることもあり得る。こんな素晴らしい機能を、人間は当たり前のように持つ。機械やモノにはない、生きているからこそ持ち得る神秘的な機能である。

私は昔から、そんな自然治癒力の存在を感じることが好きだった。ケガをしたり風邪を引いたりすると、基本的にはそのことにヘコむのだが、それが治り始めると私は自然治癒力の大きな存在を感じる。特別な快感のようなものではないが、心の隅っこで、生きていることへの安心感のようなものを感じるのだ。だから私はたまに「人間は常に少々のケガをしているくらいがちょうど良い」などとマゾヒスト的な発言をすることがある。もちろん、その気は全くないのだが。

この自然治癒力は、身体的な部分だけに適応され、それ以外のことには適応されない。例えば精神的なこと。辛いことや傷つくこと、悲しいことが起きても、何もしなければ乗り越えられない。よく「時間が解決してくれる」などという慰めのセリフがあるが、それは実のところ、自然に治癒しているわけではない。その人が心の中で物事を整理し、乗り越えようと努力した結果の治癒であり、自然治癒力のような自分の中にある他人のような力ではない。あくまでもその人自身の力。それこそ、自然治癒力より神秘的なのかもしれない。

本日のニュースで、秋田市で05年9月に小学3年の女児が乗用車にはねられて死亡した事故で、秋田地裁は事故を目撃した兄(当時小学6年)にも慰謝料200万円を支払うよう運転していた元会社員の男性に命じたとあった。裁判官は「兄は自分が妹を止めていれば事故が起こらなかったと自責の念に駆られている。12歳の少年に苦しみを与えた結果は重大」とコメントしている。

もちろん、お金で精神的な治癒を行うことができるわけではない。被害者の兄は、これから長い時間をかけて心を治癒させていかなければならない。乗り越えるべき壁の高さは想像を絶する。もし自然治癒力が精神的な部分にも適応されるのであれば、このような状況に置かれた人も幸せになれるのに。そんなことを感じた今日このごろ。もちろん、それは悲しみや苦しみを単純に忘れるという意味ではなく、あくまで乗り越えるという意味で。

悲しみや苦しみを乗り越えた人は、それらをあまり感じてこなかった人よりも強い。まるで、自然治癒力で骨折が完治したとき、骨折する前よりも頑丈な骨になっているかのように。

2007.07.07 | 世の中 | トラックバック(0) | コメント(4) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。