上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「夢ばかり見て後で現実に打ちのめされるより、現実を見据え、現実を徐々に良くしていくことを考えるべきだろう?」

これは、先日正式にサッカー日本代表の監督に就任したイビチャ・オシム氏が昨年言った言葉である。夢は誰しもが叶うものではなく、夢のままで終わる人生も多い。だからこそ夢より現実を見据え、傷つかず進んでいくべきだ、と彼は言っている。自己防衛の精神である。しかし私の夢に対する考え方は違う。

夢というものはどれだけ周囲からひんしゅくを浴びても、どれだけ傷ついても、泥まみれになって追い続けるべきものだと思う。その夢をどこに置くか、いくつの夢を抱くか、いつ叶えるのか、それはその人その人の自由。ただ、「夢は常に自分のもの」という意識を持てるかどうかが大事であると思う。自分と夢との間には何も入り込ませず、どんな雑音も周囲の声も聞こえない。夢へ向かうには、それくらいの意気込みや勢いが大切なのではないだろうか。 ハーヴィー・アレンは「若い者は夢の奴隷である」という言葉を残した。夢を抱くなら、奴隷であっても良い。いや、むしろ奴隷になった方が良いとさえ言ってしまって良いだろう。夢とはそれほど入れ込むべきものなのだ。

今月22日、社会人野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」監督でタレントの萩本欽一氏が解散発言を撤回し、チームを存続させる方針を明らかにした。チームを「夢列車」と称し、自らの夢、選手の夢、ファンの夢を託し築き上げてきたのだが、一人の選手の愚かな行為が原因で一時的にチームを解散の危機に陥らせていた。野球界にとってこの解散撤回の決断は喜ばしいことであり、私個人的にも絶対に解散すべきでないと思っていたので純粋に嬉しく思った。しかし、自らの解散発言が“勢い発言”であったことを明かしたり、解散表明のあとに未練たっぷりのコメントをするなど、欽ちゃんが夢に対して「奴隷」になりきれていない様子が見受けられたことには、少しばかり残念な思いがした。

「夢の奴隷」で思い浮かぶのが、ボクシングの辰吉丈一郎。彼は21歳にして左目の網膜剥離で試合が許されない状況になり、周囲から「引退か」とささやかれた。彼はあくまで現役続行にこだわり続け、協会規定を覆してまで復活を遂げ、奇跡の世界王座返り咲きを果たした。しかし、その後ウィラポンに二度の敗戦。周囲の強い声により、ここで一度は引退を宣言せざるを得ない状況になったが、すぐにその引退宣言を撤回。現在は足の怪我に苦しみ、試合が全く決まらない状況の中、やはりあくまで現役続行にこだわっている。彼にとって「誰よりも強くある」ということは夢であり、その夢の奴隷になって夢を追い続けているのだろう。「奴隷」という単語には『ある事に心を奪われ、他をかえりみない人』という意味もある。周囲の声など気にせず、自分のわがままを貫き通すことも、夢に向かう人間の美しさ。辰吉はそんなこと感じさせた。

ブッシュ大統領はあるテレビ番組で、自身の夢について次のような発言をした。「私には夢がある。イスラエルに平和がもたらされることだ。平和を妨げるテロは排除しなければならない」。どんな夢を抱こうが人の自由。周囲の声に惑わされず、夢にこだわり続けることも美しさの一つ。しかしその夢に「他人を不幸に陥れてまで」という冠がついたとき、美しさは跡形もなく消える。「他人を殺してまで」なんてもってのほか。それを実行し続ける人間など、夢に向かう美しさとは対極のところにいるいわば悪の奴隷だ。まずは何よりもレバノンへの攻撃をストップさせ、停戦に向かうべきだ。アメリカの夢は「イスラエルの平和」なんかじゃない。
スポンサーサイト

2006.07.27 | 世の中 | トラックバック(0) | コメント(1) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。