上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ZARDの坂井泉水さんが亡くなって、農林水産大臣の松岡さんも亡くなって、今日もなんか緑ナントカ機構のオッサンが亡くなって、世の中は“死”のニュースばっか。親が子を殺したり、子が親を殺したり、そんなんばっか。「あの、高校生が親を殺したニュース、知ってる?」とか言っても、そんなニュースがいくつもあってどれがどれなのかがわからん。この年になると、リアルに考えられる未来がけっこう先にまで広がっていて、自分の子どもが産まれたり成長したり、親類が寿命で死んじゃったりすることが、昔に比べるとリアルに考えられるようになった。だから、死ぬっていう悲しさとか長生きするっていう意味もある程度リアルに理解できたりもする。

坂井泉水さんが死んだ理由はまだわからないみたいだが、このニュースを聞いて自然に思ったことがあって、そのことに自分でびっくりした。それは、自殺か事故かわからない坂井さんの死に対して「自殺なんて・・・」って思う一方で「事故よりは自殺の方がまだマシ」って思う自分もいたこと。今まで、自殺なんかアホらしい、ありえない、ってずっと思ってきた自分が、自然にそんなことを思っていたことにびっくりした。なんでそんなことを思ったかを考えてみると、あんなに才能があって周りからの支持も高い人が、不慮の事故で死んでしまうのはあまりにももったいないって思ったから。もし事故に遭っていなかったら、これからもすばらしい作品を提供してくれたのかもしれない。そう思うと、事故死ではファンもやりきれないんじゃないかなって思った。

それに比べると、彼女自身で自らの人生を終わらせる方がまだ諦めがつくんじゃないかなって感じた。彼女の選んだ道だから仕方がないのかも。そう思うと、ガンとの闘いを続けた彼女に「お疲れさま」とでも心の中で声をかけることもできるような気がする。・・・ってまあ、そんなことを自然に考えてた自分がいて、何か「自分の考え方も変わったのかなあ」みたいに思った。もちろん自殺はアカンって思うし、絶対にしてほしくないこと。その考えは今までと変わらないのだが、坂井さんがすで死んでしまった今この状況で、自殺か事故かわからない彼女に対してだからそんなことを思った。それが良いか悪いかはよくわからんけど。

そんなニュースが流れる中、自分の周囲では幸せなことや悲しいこと、楽しいこと、腹が立つこととかがいつも通りにいっぱい存在している。世の中に巻き起こっている生死のニュースに比べたら、もちろん大ごとではないようなことばかり。でも、ニュースに比べるとはるかに自分に関係のある身近なことなので、そのたびに感情が起伏する。なんか、何が重要で何が重要なのか、考え過ぎたらよくわからんようになるわ。

ニュースって、見過ぎるとあまり良くないものなのかもしれない。ほとんどがマイナス情報。誇張して報道したり、時にはウソだったりすることもある。ネット上の掲示板なんてウソとか中傷とか差別とかが溢れていて、人間にとって負の影響を与える空気ばかり。そんなことに時間をかけるのであれば、キレイごとを伝えてくれる映画とか音楽を楽しむ方がよっぽどいいと思うことがある。

人の心の中って、たまに洗ってやらないと落ちない汚れが増えてしまうと思う。それを怠ると、幸せなことを素直に祝ったり、理不尽なことに腹を立てたり、そんなことがあまりできない人間になってしまう。そんな人って少なからず世の中にいるんちゃうかな。「キレイごと」ってよく悪い意味で使われるけど、決してそんなことないっしょ。
スポンサーサイト

2007.05.30 | 世の中 | トラックバック(0) | コメント(4) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。