上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

【300(スリーハンドレッド)】 4点
けっこう期待して観に行ったんですが、イマイチでした。まず言うと、ストーリーが薄い。一言で「300人と100万人が戦った」っていうだけの映画って感じ。それ以上でもなくそれ以下でもない、ただそれだけの映画。厳しい特訓によって産み出されたスパルタの戦士像や、何があっても撤退せず、何があっても降伏しないというスパルタをもっとストーリーに絡めて複雑に描いてほしかった。なんか戦い方もノーマルで、戦う姿勢も“やる気マンマンの戦士”っていう程度。スパルタだから起こりえる特別な展開が全くなかったんで、退屈な気分になりました。

古代の現実を描いたノリかと思いきや、敵キャラで妖怪のようなヤツらがたくさん登場してきて、どういう世界での出来事かわからなくなった。裏切り者になるヤツも人間離れしているし、魔法とかもありえる “何でもアリ”の世界のような気もして、映画に入っていけません。ボスキャラの男も古代の雰囲気がなく、統一感があまりなかった。僕としては完全に現実世界の古代として映画の雰囲気をつくってほしかったです。

映像が期待していたのと違ったところも残念でした。全体的に暗くて狭い雰囲気のシーンが多く、壮大でリアルな古代の風景はあまりありませんでした。ほとんどのシーンをCGで表現してるらしいのですが、そのせいもあったのでしょうか。個人的には『トロイ』のようなリアルで壮大な映画の雰囲気を期待していたのですが、全くそうではなかった。主人公夫婦のラブシーンを中途半端に長く入れたり、エンドロールを血だらけにしたり、よくわからないことが多々。ちょっと変わった監督なんですかね。よく知りませんが。

話は変わりますが、ラブシーンとかキスシーンとか、絶対に入れなきゃいけないもんなんですかね?ハリウッドの映画ってたいがい入ってるじゃないですか。それが無意味であっても、何かしら必ずそういうシーンが入っている。暗黙の掟でもあるんでしょうか。必要ないんだったら入れなきゃいいのに。いつもそう思います。効果のよく分からないしょうもないキスシーンを観るくらいだったら、きれいな風景でも見せてくれた方がマシです。

まあでも、ラストシーンとか闘いのシーンは悪くなかったし、興奮するシーンもありました。なので、駄作とまで言い切ってしまうほどの映画ではありません。ただ、必要以上に高評価されていることが不思議。やっぱストーリーが薄かったら映画はおもしろくないですね。


【バッテリー】 6点
個人的に好きなポイントを集めた映画だったので、なかなか楽しめました。原作をまったく読まずにこの映画を観たんですが、田舎の雰囲気、野球への情熱、友情、弟の病気、兄弟愛など、個人的に弱いシーンが満載で、序盤から涙がうるうる光ってました。弟・青波役の子役がかなり良い味を出していたと思います。

タイトルどおり、バッテリー間の信頼をテーマにした映画。これはこれで良かったとは思うんですが、個人的にはもっと青波にスポットを当てて、「病気の少年が野球をする」みたいなストーリーにしても良かったのではと思いました。現状のストーリーでは、青波の扱いが中途半端で、ただの盛り上げ役くらいにしか見えませんでした。

ちょっと大人たちを悪役のように扱いすぎていたことや、ライバルの中学生がどう見ても大人に見えたことは改善の余地あり。調べてみたら、20歳を超えた俳優に中学生役をさせてるんですね。そりゃやりすぎやわ。違和感たっぷり。さらに、その彼が言う「こいつの球を打つために、高校には行かん!」みたいなセリフなんて、どう考えてもむちゃくちゃ。まあ、勢いで無茶なセリフ言うところが逆に中学生っぽくてリアルっちゃあリアルやねんけど。

忙しい社会での生活に疲れていて、しかも野球とか田舎の風景とかが好きな人なら、ボーと見ると癒されるんではないでしょうか。あまり気合いを入れず、期待もせず雰囲気を楽しみましょう。それがこの映画を観るポイント。個人的に好きなポイントの多い映画だったので、ちょっと甘い採点になっちゃいました。
スポンサーサイト

2007.06.12 | 映画 | トラックバック(12) | コメント(2) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。