上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

日本では1.7人に1人が保有しているとされている自転車。世界でもトップクラスの保有率だ。そして地球温暖化が叫ばれている現在、自転車は排出ガスが発生しないクリーンな移動手段として世界的に注目されている。この状況を考えると、もちろんきちんとした駐輪場に自転車を止めることがベストなのだが、路上駐輪もある程度仕方のない状況であると言わざるを得ない。

しかし、しかしである。路上駐輪の際に発生するストレスに関しては、昔からほとんど改善がみられない。現実を受け止め、路上駐輪を前提とした自転車社会の創造をつくりだそうとしてもよいでのはないだろうか。そこでいま、路上駐輪に関する2つの提言を唱えよう。路上駐輪そのものに問題があると言われればそれまでなのだが。

1)壁に対してナナメ45°に止めろ!
基本的にこの社会では、自転車は壁に対してほぼ直角に近い角度で止めている。言ってみれば、自転車が完全に壁の方を向いてしまっているのだ。警備員のオッサンもよかれと思ってか、路上駐輪しているチャリンコをきれいに直角に整頓している。しかも、自転車と自転車がほぼ密接した状態。この止め方だと、確かにビジュアルはきれいに見える。しかし、これでは自転車を出すときにとてつもないストレスを感じるのだ。

自転車のカギは前輪についているタイプが多く、直角に密接された駐輪状態であれば、カギ穴にカギを差し込むには身体をかなり前に傾けないといけない。無理な状態でカギを入れるので、ミスする確率も高くなる。もしそれをミスし、カギを落としてしまったときなんて最悪だ。前輪付近に落ちたカギを拾いたくとも、自転車同士が密接した状態で取りにくいったりゃありゃしない。ストレスは急激に上昇する。カゴも遠く、荷物をカゴに入れる行為だけでも体力を使う。ストレスはもう限界。

そこでだ。自転車を路上駐輪させるとき、壁に対して約45°くらいナナメにした状態で止めれば、自分から前輪までの距離が近い。カギも入れやすく、荷物もカゴに入れやすい。多少、止められる自転車の総数は少なくなってしまうかもしれないが、それは我慢してもらうとしよう。このナナメ45°の方法を実践すれば、ある程度密接させた状態でもストレスを感じず自転車を出す準備を行うことができる。どうでしょう。素晴らしい案ではないか。

2)ハンドル、ペダルを折りたためるようにしろ!
上記1)のようにナナメに止めたとしても、自転車を出すときに隣の自転車に引っかかり、出しにくい場合が多々ある。これはかなり冷静に対処しないと、どんどん「引っかかりレベル」が増していくのだが、この状況で頭に血が上らないわけがない。力技に持って行こうとすると隣の自転車まで一緒についてきて、バランスを崩し自転車が倒れ出すと指が挟まれたりしてケガをする。引っかかる部分の多くはハンドルもしくはペダル。タテ長スタイルの自転車のなかで、左右に出っ張っているのはこの2つの部分だけ。密接して止めると、どうしてもここが隣と引っかかってしまう。

そこでだ。出すときにうっとおしいハンドルとペダルを、どうにかして折りたためるようにできれば、出すときに隣の自転車に引っかからず、スムーズに取り出すことができる。ストレスが溜まらない、快適なチャリンコライフになるのではないか。自転車製造業のオッサンどもよ、もう路上駐輪を前提にチャリンコの形状を考えても良いじゃないか。


・・・以上の2つを実践すると、日本全体のストレスはチリも積もってかなりの改善が考えられる。自転車のストレスは、気付かないうちに溜まっているもの。敢えて意識してみると、かなりムカつく乗り物である。しかし、上記のような改善を行うだけで、かなり快適な乗り物になる。しょーもないことではない。大きな大きな問題なのだ。
スポンサーサイト

2007.08.23 | 世の中 | トラックバック(0) | コメント(3) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。