上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

人間は、考え方によってはみんな孤独です。

なので、自分を守りながら生きていかないといけない。その考え方はある意味正しいけど、それはあくまで哲学的な話だけ。人間関係やコミュニケーションにおいては、そういう「自分を守る」みたいな行動は嫌われるだけの要素になります。難しいもんですね。矛盾っちゅうやつです。でも、よく考えたら矛盾でもなんでもない気がする。

人間だけじゃなく動物なんかも、本来は助け合って生きていくもの。哲学的には孤独になることはあっても、助け合うことに生き物としての醍醐味があるっちゅうても過言じゃない。言ってみると、「孤独だからこそ、助け合う」んです。まあ、それだけ聞いたら当然の話ですよね。「孤独だから、自分を守る」じゃない。なんかこうやって言ってみると当たり前のように聞こえるけど、実際、世の中には「孤独だから自分を守る」ような行動をするやつもいる。まあ、どうせそいつは周りに「みんなで助け合おう」みたいなことを言うんでしょうけど。

ここ最近、そういう奴を何人か見てしまって、かなり悲しくなった。

もちろん、誰にだってそんな部分があるんやろうけど、いざと言うときにその人の本質が見える。なんかそういうのって悲しいっすよね。犯罪者だって、捕まってすぐ反省して謝るんならまだマシやと思えるけど、最初は否認していて、どうしようもなくなってから自供して、その後にやっと謝る奴って、ほんま最低ですよね。カッコ悪いし。

僕の周りに一人、どんな時でも「自分よりまず相手」っていう人がいます。疲れてようが何だろうが、その人は相手を思いやる行動をしてくれます。たとえお金がかかることでも。僕も見習わなあかんです。やっぱそういう人には人が集まるし、そうじゃない人には寄ってこない。そんなもんです。どんな考えを持った人間かなんて、発言とか行動をあえて細かく分析しなくでも感じ取れるもんです。ここ最近見た悲しいヤツにも、どうせ人は寄ってこないでしょう。そしてそいつらは、逆に保身なんてゼッタイできないんです。
スポンサーサイト

2009.02.02 | 世の中 | トラックバック(0) | コメント(2) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。