上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関西国際空港の2本目の滑走路が2005年の予算に計上されることになりそうらしい。

まあそれは好きにしたらええやん、という感じなのだが、これに伴い伊丹空港を一種から二種に格下げするらしい。これが納得いかん。規模を縮小して予算を減らし、その分を関空の滑走路代にあてようという考えだそうだ。

正直、関空は使いづらい。日経の調査でも出ているが、「遠い、高い」のが現状で、不満の声が7割。設備的なものは国が力入れているだけのこともあって良いみたいだが、車で行くのに1730円+高速代は高すぎる。
しかも遠い。電車の本数も少ない。そんな空港に力入れて、アクセスが良い伊丹空港を縮小するなんて、どういうつもりなんやろか。

自分の予想は、「関空は事実上失敗やったけど、金かけて作ったから失敗なんて言われへん」「とことんグレードアップさせて、何が何でも成功させてやる」的な考えがあるんだろうと思います。

あと、伊丹空港を消滅させたい思いもあると思います。伊丹空港は騒音問題がついてくるので、対策費がかかります。それが嫌なのでしょう。伊丹空港が二種に格下げされることにより、これからの騒音対策費は利用者が負担することになるみたいです。一人300円。なんか「みんな伊丹空港使うなよー」と言っているみたいで腹立つ。来年から神戸空港も開港するので、関空との2本柱でやっていきたいのではないでしょうか。

神戸空港は大阪から約40~50分(600円以上)。関空へは電車で1時間以上(2000円以上!)です。京都・滋賀からはさらにアクセスしにくいのです。伊丹空港へは大阪から30分くらいで400円ちょっとです(これも便利といえる距離ではないが)。

やっぱまだ伊丹空港は必要でっしゃろ?

2004.12.14 | 世の中 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/10-15def167

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。