上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

正月早々、「ハウルの動く城」を見てきました。…まあまあでした。

一つ好きなところは、大衆向け映画によくある、「要素を多く出して無理矢理ストーリーに結びつけるところ」があまりなかったところです。

今日テレビでやっていた「踊る大捜査線」なんかまさにそうなんですが、登場人物や事件を多くし、観てる人に「これはストーリーとどう関係あるんだろう?」と思わせておいて、後半になってそこがストーリーの本筋に影響を与える役割になるという手法です。これは私は好きではないです。客の頭の中を溢れさせて、最後に結びつけて気持ちよくさせ、後味の良い映画に思わせるのが狙いなのでしょう。トリックのように思えて、なーんか嫌です。

「ハウルの動く城」は、終わってから「あれはどういうことやったんやろ?」って思うところが何箇所かあり、終わってからその話で盛り上がれたので良かったです。

ただ、どっちにしろラストは「ケッ」と思いましたけど。

2005.01.02 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/12-d623a9e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。