上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

【大日本人】 8点
意外・・・と言ったら失礼ですが、おもしろかった。見終わった感想としては、「めっちゃ笑ったわ~」ってことと「これ、果たして映画か?」っていうこと。ただ、映画というものは、必ずしも「こうでなくてはならない」という決まりがあるわけではなく、多くの作品に見られる傾向があくまでも“映画の標準”であるような気がしているだけだと思うので、その部分に文句はありません。

基本的なテイストとしては松っちゃんのコントDVD『VISUALBUM』のような感じ。あまり内容を書くとこれから観る人が楽しめないので伏せておくけど、“松本人志テイスト”がプンプンしていて「あ~、松っちゃんホンマこういうの好きやな~」って思う部分が随所に存在しています。インタビュアーの“なあなあ”のノリとか、ヒーローに対する世間の扱いとか、彼の“マゾ的”な笑いのツボが詰まっています。松本人志の笑いが好きな人であれば、ほぼ間違いなく楽しめるでしょう。

終盤は『ごっつええ感じ』的なノリが急に始まって、彼の言う「映画を壊す」という言葉通り、ムチャクチャな展開。“映画の標準”を大切にしたい人であれば、意味不明な内容で怒りすら込み上げてくるような展開でしょう。個人的には大笑いしたから満足でしたが、間違いなく賛否両論あるでしょうね。でも初作品でここまでムチャクチャできたのは、やはり彼が松本人志だったからでしょう。

一部で言われている「この映画は児童虐待や介護問題、動物愛護問題などの社会風刺がたくさん入っている」という意見ですが、シーンひとつひとつ振り返ってみればそうとも思いますが、観ていて強くそう感じることは特にありませんでした。この部分に関しては、ちょっと彼を持ち上げすぎでは?と思います。「天才」と言われている人だと、細かいところを取り上げてそういう意見を言う人もいるんですかね。彼自身も「たまたま」と言っていますし、そんなに社会風刺を込めた映画だとは思いません。

あと、出演者の演技がなかなか自然で良かった。エキストラ(?)のおっさんたちも含めて。撮影する雰囲気づくりが上手かったんでしょうね。ただ、松っちゃん自身の演技がイマイチだったことが残念。関西弁の彼がむりやり標準語を使っているので、終始ぎこちない演技にみえました。観てる側が「松っちゃんの演技」として観ているので、さらにぎこちなく見えたんでしょう。世の中の松本人志に対するイメージは完全に出来上がってしまっているので、役者・松本人志はかなりハードルが高いですね。相当な演技力がない限り、ぎこちなさを感じると思います。

正直、この映画はカンヌでウケるとは思えません。酷評されることがあったのも十分うなづけます。松本人志のツボが好きな人でなければ、意味不明ってこともあるでしょう。事実、僕の隣にいたカップルは「わからん、わからん!」を連呼していました。でも、やっぱ劇場で見ておくべき作品だと思いますよ。


【監督・ばんざい!】 5点
「世界のキタノ」だから許される、映画で遊びまくった作品。北野武の代表作には決してならないだろうけど、「こんな映画があってもいいのかも」とい思えた映画。気合いを入れて観に行くような映画では全くなく、2~3年後には「そんな作品あったなあ~」と思うくらいの、まあそんな感じの内容でした。

前半の、あらゆるジャンルの映画をオムニバス形式で見せるパターンは個人的に好きでした。でも、こういうのを続けていくのかと思いきや、後半はどうもよくわからないテーマの作品を長々と続けていたので、ちょっと退屈に感じました。どうせなら前半のようなノリで終わりまで続けていってもらった方が良かったかも。

松本人志の『大日本人』と同様、この映画も「映画を壊す」作品だったように思えます。ただ、こっちはちょっと不発って感じ。ビートたけしの笑いは詰まっていたけど、映画自体の芯となるものがあまり見えずダラダラしていて、あまりついていけなかった。良い意味でも悪い言い見でも「悪ふざけ」したような映画だったように思えます。

それぞれのオムニバス作品での内容は、「さすが北野武!」という部分も多くありました。貧乏な子どもが出てくる人間味ある物語や、忍者映画での迫力あるシーンなど、それぞれで彼の持ち味のようなものが出ていました。だからこそ、そのノリで最後まで進めていってほしかった。後半のダラダラ感は狙いだったのかもしれないが、個人的にはあんまり。なんかもったいない映画のように思えたのは僕だけでしょうか。1800円払うほどの映画かと言われれば、払うほどではないと答えてしまう映画です。

2007.06.05 | 映画 | トラックバック(13) | コメント(5) |

僕も2つ映画への意見に賛成、というか、うんうんと思いました。
大日本人は、僕自身最初から笑えたんですが、批判が凄いし、誉める人も難しい社会風刺のどうだこうだというのであまりいい気がしなかったです。要はおもしろかったかどうかで、それは分からん人には分からん(今回は僕にでもわかるようなわかりやすい笑いだったと思うけど)し、社会風刺だなんだは、ただの笑いのアイテムなだけだった気がします。あと、板尾さんのところだけごっつの雰囲気がして面白かったという人は、ただごっつ病という感じだと思います。
あと、監督ばんざいは、本当に今までのキャリアや先入観を一掃するために撮った感じがしました。
面白かったけど映画でわざわざやる必要のある作品ではなかった気がします。けど、映画でやることに意味があった映画だからしょうがないのかな、次の作品見たいなと思いました。
長文ごめんなさい。ただ自分の思ってることがあまりにもネットにはなくて、ここにあったのでコメントしました。すみませんでした。ありがとうございました。しつれいしました。

2007.06.18 17:25 URL | げ #- [ 編集 ]

>げ さん
コメントありがとうございます。
確かに、『大日本人』は批判やら難しい批評やらがありますね。「要はおもしろかったかどうか」という観点に賛成です。この映画は、かなりわかりやすい内容であったと思いますし、単純におもしろかったと思います。
『監督・ばんざい!』に関しても、おっしゃる通り、今までのイメージなどを一掃したかったのかもしれませんね。次回作はさすがに映画でやるべき映画を撮ってくれると思いますので、期待したいですね。
またよろしくおねがいします。

2007.06.18 22:15 URL | エツ #- [ 編集 ]

とにかく映画では無い。
映画研究部が自主制作して楽しんでいる様
で無駄にCGにお金を掛けた駄作以外に感想は無い。

2007.12.12 03:54 URL | ごん #- [ 編集 ]

>関西弁の彼がむりやり標準語を使っているので、終始ぎこちない演技にみえました。

あれは標準語をしゃべろうとしているのではなく、井筒監督の真似(というか揶揄した口調)だそうです。
だから明らかに変なイントネーションなわけで。

2008.05.08 21:54 URL | まが #SFo5/nok [ 編集 ]

>まが さん
あ・・・そうなんですね。
しらなかったです。

でも、やっぱ変は変で変わりないですね(笑)

2008.06.11 00:49 URL | エツ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/122-8f3dd72b

大日本人 86点(100点満点中)
愛国戦隊これは紛れも無い"松本人志の映画"である。即物的な笑いではなく、哀愁を前面に押し出し、そこから醸し出される不条理な悲喜劇を味わわさせられた『トカゲのおっさん』コントに似た方向性、あるいは『頭頭』や『ビジュアルバム』など、ダウンタウンから浜

2007.06.04 22:54 | (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)

大日本人/松本人志
北野武監督の次に期待される人物として名前の挙がっていたダウンタウンの松本人志の長編映画初監督作品がついに公開です。吉本興業の映画製作第一作目でもあり松ちゃんのTV露出も最近かなり多くてかなり気合いが入ってるのが伝わってきますね。先日「笑っていいとも」に出演

2007.06.04 23:16 | カノンな日々

映画「大日本人」
2007年41本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。松本人志監督デビュー作品。独自のお笑い哲学でその道をストイックに探求し続ける孤高のお笑い芸人、松本人志。これまでにも、コントなどの形で映像分野でもその才能を発揮してきた松本人志が満を持して放つ注目の第1回監..

2007.06.04 23:24 | しょうちゃんの映画ブログ

映画『大日本人』
昨日より公開の松本人志第1回監督作品『大日本人』を観てまいりました(今年15本目)。 劇場は子供の頃に来て以来、10数年ぶりの梅田ピカデリー。1980年オープンの老舗ロードショウ館です。2002年にリニューアルされたそうで綺麗になってはいますけど、昨今の映画館と比

2007.06.04 23:56 | 健康への長い道

「大日本人」レビュー
「大日本人」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松本人志、竹内力、UA、神木隆之介、板尾創路、他 *監督:松本人志 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^

2007.06.05 04:39 | 映画レビュー トラックバックセンター

「大日本人」民間も国家も儲かれば何でも利用する様を描いた弱い小人間の狭い心
「大日本人」は松本人志初の監督作品として公開されるまで内容すら一切明かされなかった作品として注目の映画である。内容は劇場で観てほしいけれど、簡単に言うと松本人志の芸風を確り理解できない人が観てしまうと理解不能に陥ってしまう作品で理解しているとバカバカしく

2007.06.05 06:09 | オールマイティにコメンテート

大日本人
怪獣たちのふれあい。

2007.06.05 06:40 | ネタバレ映画館

松本人志 企画・監督・主演 映画「大日本人」 ついに公開!
 松本人志さんが、はじめて企画・監督・主演を務められ、カンヌ出品でも話題となった、映画「大日本人」。  ついに今日から公開です!  とっても大好きで仲良くしてい

2007.06.05 07:45 | フリーターから起業した女性経営者の“心豊かに生きる”

『大日本人』
監督:松本人志 脚本:松本人志、高須光聖CAST:松本人志、UA 他STORY:ひっそりと独りで暮らす大佐藤(松本人志)は、大日本人として、突如地上に現れる怪獣を防衛庁の依頼によって退治する事を生業としていた・・・前にも書いたように、幼い頃から毎日お笑いに触れ、「

2007.06.05 08:25 | Sweet* Days**

大日本人
感想にしにくい映画ですが,嫌いではありません。

2007.06.05 10:46 | Akira's VOICE

松本人志の映画「大日本人」を見た!
笑いの鉄人・松本人志が監督および主演の「大日本人」を見た!映画の常として事前情報が少ないほど楽しめると思うので、詳しくはたたむ。見終えての感想はとてつもなく豪華版の「ごっつええ感じ」だったと言っておこう。「ごっつ」のコントファンなら必見である。物語はひと

2007.06.05 21:32 | PNU日記

「大日本人」映画館レビュー 敬愛なる松本人志へ。
僕は松本人志が好きだ。

2007.06.06 00:49 | 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ

『大日本人』
みんなインタヴュー形式のところをベタベタって言うけどさー、主人公と鑑賞者の間に露骨なまでに悪意を存在させ、鑑賞者は常に悪意の目を通してでしか主人公を見ることはできないっていうのは、「スゲーよ」とは言わないまでも「なかなか面白いことやるじゃん」とは思うんだ

2007.06.06 08:51 | HELLOGOODBYE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。