上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

人間は、考え方によってはみんな孤独です。

なので、自分を守りながら生きていかないといけない。その考え方はある意味正しいけど、それはあくまで哲学的な話だけ。人間関係やコミュニケーションにおいては、そういう「自分を守る」みたいな行動は嫌われるだけの要素になります。難しいもんですね。矛盾っちゅうやつです。でも、よく考えたら矛盾でもなんでもない気がする。

人間だけじゃなく動物なんかも、本来は助け合って生きていくもの。哲学的には孤独になることはあっても、助け合うことに生き物としての醍醐味があるっちゅうても過言じゃない。言ってみると、「孤独だからこそ、助け合う」んです。まあ、それだけ聞いたら当然の話ですよね。「孤独だから、自分を守る」じゃない。なんかこうやって言ってみると当たり前のように聞こえるけど、実際、世の中には「孤独だから自分を守る」ような行動をするやつもいる。まあ、どうせそいつは周りに「みんなで助け合おう」みたいなことを言うんでしょうけど。

ここ最近、そういう奴を何人か見てしまって、かなり悲しくなった。

もちろん、誰にだってそんな部分があるんやろうけど、いざと言うときにその人の本質が見える。なんかそういうのって悲しいっすよね。犯罪者だって、捕まってすぐ反省して謝るんならまだマシやと思えるけど、最初は否認していて、どうしようもなくなってから自供して、その後にやっと謝る奴って、ほんま最低ですよね。カッコ悪いし。

僕の周りに一人、どんな時でも「自分よりまず相手」っていう人がいます。疲れてようが何だろうが、その人は相手を思いやる行動をしてくれます。たとえお金がかかることでも。僕も見習わなあかんです。やっぱそういう人には人が集まるし、そうじゃない人には寄ってこない。そんなもんです。どんな考えを持った人間かなんて、発言とか行動をあえて細かく分析しなくでも感じ取れるもんです。ここ最近見た悲しいヤツにも、どうせ人は寄ってこないでしょう。そしてそいつらは、逆に保身なんてゼッタイできないんです。

2009.02.02 | 世の中 | トラックバック(0) | コメント(2) |

興味深い。
ただ、このような考えもあるということで失礼しますよ。

私はエツさんの言うところの「自分を守る」人です。
それには自分なりのスタンスというか信条である
「自分を守るために他人に優しく」が根本にあります。
私は自分がかわいいです。幼小中高にいじめられた経験以外
何もないので、自分を守りたいと思う意識は強いです。
自分がかわいいというとナルや鰤と勘違いされますが、
そうではなくこれ以上痛い目に遭わないための保守と捉えてください。
それを踏まえた上でなぜ「他人に優しく」になるかというと、
他人に優しくしていればいずれは自分に返ってくるからです。
これは博愛的な「助け合い」では全くありません。
あくまで自分に「利」として返ってくると判っているからできます。
助け合うという精神をここ30年の教育で育ってきた人に
求めることはもう難しいでしょう。利己的に育ってきましたし。
その方向修正させる親自身も利己的ですので致し方ありません。
だったら気付いたときに変えればいいだけの話です。
私の場合は3年ほど前にやっと今の考えに辿り着きました。
他人に優しくしているときは後でこれが返ってくるという意識はありません。
ただ、人に優しくあろうと考えるときにこの信条が出てきます。
その結果優しい人だ、いい人だ、愛想がいい、気が利くと言われます。
自分がなかなか受け入れられなかったので、いかに溶け込むかを
必死に研究したらこの結論でした。これは他人にも自分にも全く害はない。
本当に孤独になったときは助け合いなんて無理です。経験してみるのも一つです。
孤独をこれ以上ひどくさせないために自分を守るのです。本能に近いです。

長くなってしまいましたが、とても興味深いエントリでした。
エツさんはエツさんの考えで突き進むことが一番です。
純な考えを大切に。

2009.02.03 12:04 URL | 介 #IpsFpWPo [ 編集 ]

介さん

コメントありがとう!!
まず、このブログはもうほとんど誰も見ていないと思っていたので、
コメントがあったことにまずびっくりしました。
ありがとう。そして、こちらこそ興味深いコメントサンキューです。

介さんの言っていること、なるほどねと思います。
結局は、俺の言っていることと似ている部分もあって、
結局、自らを守るためには、相手を思いやる行為をすることが
大事っちゅうことです。
ただ、どういう意識でそれをするのかが違うんでしょうね。

本当の意味の孤独を味わった人にしかわからない感情もあるやろうし、
確かにその時になったら助け合いなんて無理かもね。
介さんの言う、あくまで自分のために相手に優しくするってことも、
それだけ聞くよりもコメントしてくれたみたいにじっくり説明してくれると、
俺は「そうやな、なるほどな」って頷くわ。

いろいろ考えさせられます。コメントありがとう!

2009.02.03 23:05 URL | エツ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/135-bb13d047

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。