上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

プロ野球がキャンプインしました。
昨年の球団合併、1リーグ改革案、ストライキなどを思い出せば、よくぞ無事に、野球界の正月を迎えることができたなあと思います。今年は日本プロ野球を正しい方向に向けるための、新たな問題定義がなされるでしょう。

現在、日本プロ野球界で未だ契約していない選手は3人。中村紀洋選手、井川慶投手、上原浩治投手です。中村選手は近日中にドジャースと契約するので、実質は2人です。この選手たちの共通点は、「ポスティングシステム」という制度を使ってのメジャー移籍を希望している、というところです。

僕は彼らの希望や行動は当然だと思います。と言っても、ポスティングでのメジャー移籍に賛成しているわけではありません。ポスティングシステムがある以上ワガママになるのは当然である、と思っているだけで、そのポスティングシステム自体については大反対です。こんなボケカスな制度はない、と言い切っていいでしょう。

何故かをご説明します。そもそもポスティングシステムとは、球団の保有選手が「メジャー行きたいねん」と球団に言って、球団が「しゃーないな、エエやろ」と言った時に使用できるシステムなんです。
しかし考えてみると、球界にはFA制度というものがあります。選手が「メジャー行きたいねん」と言った時、球団は「あと5年待ったらFA権を持てるねんから、それまで待てや」と言えば済む話です。

FAとは「何年か頑張った選手は自由に移籍先を探せる」という制度であり、メジャーに行きたい選手はこの権利を目指して日本で頑張ったらいいんです。ポスティングなんかがあるから、選手は「FAまでにメジャー行けるんちゃう?」という考えになるんです。選手会は「自由にチームを選択させろ」みたいなことを言い続けてきましたが、FAだけでなく、日本球界ではドラフトでの逆指名という制度があり、高校生でなら「巨人以外なら社会人」みたいな、実質的逆指名(?)もあります。

ここまで自由に球団を選べる制度がある状況で、ポスティングなんて必要か?ポスティングシステムは選手をワガママにするだけの制度だと思います。

球団側にも問題があります。
契約更改をスムーズに行うため、または入団してもらいやすくするため、交渉の時に条件付きで「FAまでにメジャー行かせてあげる」という密約をしているケースがあります。ポスティングシステムが導入されたのも、この背景があるのでしょう。そういった根本の問題点を追求していくと、ドラフトの完全ウェーバーとか代理人問題とかいう話になってきます。
この件もいつか書きます。

もっと言いたいことはありますが、長いと誰も読んでくれないので、ここらで結論に入ります。
結論として、この問題を良い方向にもっていくためには

1,ポスティングシステムの撤廃
2,FA件取得年数を6年くらいに短縮
3,レンタル移籍制度の導入


が良いと思います。3番はいろいろと議論が必要だとは思いますが。

2005.02.03 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/19-9e0de266

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。