上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

2005年のプロ野球がついに開幕します。一昨日、先陣を切ってパリーグが開幕。開幕戦は個人的に素晴らしい3試合だったと思います。思えば、近鉄の消滅、オリックスとの合併、1リーグ制への移行、選手会スト、ライブドアVS楽天など、グラウンド外での話題が尽きなかった昨シーズン~オフでした。それが今年、無事に開幕を迎えられて何か信じられない気持ちでいます。昨年あった一連の流れから、今シーズンは楽天やオリックス、ソフトバンクが注目されるのは間違いないでしょう。僕個人的には、次の3点に注目しています。

(1)飛ばないボールの使用
(2)交流戦の実施
(3)各球団のファンサービス


一昨年くらいから、僕は(1)を実施すべきだと思っていました。数年前までは3割打者は一流の証。打撃ベストテンの上位7~9人くらいが3割打者で、3割は言わば、「選ばれし者」のような扱いでした。それが最近では、少し調子が良かっただけで3割や20本塁打を達成しています。昨年でいえば、セリーグでは3割打者がなんと20人。パリーグでも15人います。当然その分、投手の成績は全体的に低下傾向。いまや、完全なる「打高投低」の時代です。

だから何が悪い、と思う人もいるかもしれませんが、これは悪いことです。簡単に言いますと野球の醍醐味は投手戦なんです。そして、緊迫した投手戦が野球のレベルを上げると言っても過言ではありません。それは一昨日のパリーグ開幕戦を観ても明らかです。投手戦になるとワンプレーで流れが変わり、一つ一つの細かいミスが命取りになる。一つのフォアボールや一つの盗塁、一つのストライクで試合が動くのです。すると選手ももちろん細かいプレーを大事にし、細かい技術を磨いていきます。レベルの向上はこういう試合から生まれていくのです。また観客も、一球ごとにツバを飲み、集中します。その緊迫した雰囲気こそ、スポーツの素晴らしき瞬間だと思います。打撃戦が悪いとは全く思いません。しかしここ数年は打撃戦が多すぎて、試合の緊迫感が緩い気がしていました。試合時間も長くなり、集中力が切れます。これは野球人気の低下にも繋がりかねません。以上の理由から、僕は(1)に注目しています。これで打高投低は少なからず解消され、きっと今のプロ野球における“つまらなさ”を解消してくれるであろうと思います。

(2)に関しては特に言うこともないのですが、(3)に関しては言いたいことがあります。昨年の件以来、選手や球団は思い出したようにファンサービスをしています。まあそれはいいとして、今年からなされている様々なファンサービスの中に、球場内の「エキサイトシート」「フィールドシート」なるものの導入があります。これはお客さんに、よりグラウンドに近い位置で野球を楽しんでもらおうという意図の元に設置された席です。目の前にネットがなく、選手と同じ目線で、しかも近い位置で観戦できます。東京ドームやフルキャストスタジアム、札幌ドームやスカイマークスタジアムなどで導入されており、この導入に関しては僕も賛成です。

ところが、肝心の値段は外野席のなんと約3倍。これは高すぎます。これでは座れる客は一部に限られてしまいます。各球団はまだ目先のことしか考えていないんですね。球の速さや選手の迫力など、本質的な野球を楽しむならば、外野席よりもネット裏やエキサイトシートが絶対に適しています。本質的なファンが減っている状況なのは昨年目に見えて感じたはずなのに、球団はまだ目先のお金に目がくらんでいるんです。外野席でのうるさい応援が合わない人が行き着く先は、このままではやっぱりテレビ中継になってしまいます。そして、この値段で気軽に親子で見に来られるでしょうか。野球をするかサッカーをするか迷っている子供にとっては、球場での印象はデカいですよ。握手会やサイン会もいいですけど、そういう意味での“本質的なファンサービス”を、もっと球団は考えていくべきです。

2005.03.28 | スポーツ | トラックバック(1) | コメント(2) |

 こんにちは。TBありがとうございました。
 緊迫した試合こそ見逃せない試合ですよね。最近の打高投低ではせっかくの試合がホームラン一本ですぐひっくり返ってしまうので、試合を見るよりもダイジェストの方が楽しめます。今年は飛ばないボールで変わるでしょうか?
 ところで、TV局はまだまだ変わっていないようです。パリーグ楽天の試合なんて中継したらかなりの視聴率を取れたかもしれないのに相変わらず巨人の試合ばかり。マスコミは一度ホリエモンに乗っ取られた方がいいのかもしれません。またよろしくお願いします。

2005.03.29 10:26 URL | SEABLOG #- [ 編集 ]

こちらこそTBありがとうございます。飛ばないボールといっても、まだ各球団で仕様が違いますので、今年は今後への準備段階なのではないでしょうか。最終的には国際試合用のボールで統一することが望ましいですね。

TV局はやっぱり広告費収入があるので、巨人戦は外せないんでしょう。まだ高いみたいですから。ただ、視聴率が悪いことが続いているので、いつか目を醒ます日がくるのかもしれません。ホリエモンのプロ野球中継に関する考え方は存じませんが、ショック療法という意味でも新しい血を入るなどして、現状を見つめ直して欲しいものです。

あと、楽天の中継は意外に高いみたいですよ。地域密着とか言っておきながら、ちゃっかりしてますね。新規参入球団なんですから、もっと安くして中継を増やし、ファンを増やしていくべきなんですけど。

こちらこそまた宜しくお願いします。
SEABLOGさんのブログもまた楽しく拝見させて頂きます。

2005.03.29 12:03 URL | エツ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/32-567ab879

飛ばないボールでプロ野球の真実がわかってくる
 飛ばないボールの清原選手の感想は「詰まったり先っぽなら20から30メートルは違う」、小久保選手の感想は「詰まり気味の時は10メートルは間違いなく落ちる」とのことだ。詰まらなかったらそう変わりないが、詰まったら外野フライになる可能性が高くなることで真の強

2005.03.29 10:27 | SEABLOGスポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。