上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

小よく大を制すという言葉は、小さな人が大きな人を倒した、という事実を説いているものではない。わずかな可能性を頼りに、不可能だと思われることに立ち向かっていく勇気を伝えているんだ」

今日の女子バレーボール2005ワールドグランプリ。
日本VSキューバの試合をテレビで見ていると、ある人のその言葉をふと思い出した。

「技のデパート」の異名をとり、数々の巨漢力士と名勝負を演じてきた元小結・舞の海関の言葉である。自分より2倍も3倍も体重のある力士に対し、臆することなく勇敢に立ち向かった超小兵力士だ。特に小錦関との戦いは有名で、時には立ち合いに変化し、時には懐にもぐりこみ戦った。大相撲ファンのみならず、多くの人がその戦いぶりに注目し、応援した。

日本人の国民性には判官びいきの一面がある。
弱い者に心を傾け、悲劇のヒーローに美しさを感じる。「敗者復活戦」なんてルールは、日本人のためにあると言っても過言ではないだろう。その国民性の背景には様々な説がある。大変革期の厳しい競争の中で、敗れたことによる劣等感などのマイナス感情が具現化したという説や、極小の島国で小柄な民族という自国・自国民に対するコンプレックスからきたという説など。もちろんその国民性も一種の文化であり、否定する気はさらさらない。それが日本のスポーツを、ある意味ドラマティックに盛り上げたことも揺るぎない事実であるからだ。「小よく大を制す」「柔よく剛を制す」という言葉は、まさにその国民性から生まれた言葉なのである。

柳本ジャパンの平均身長は約176cm。キューバはそれより10cm以上高い。バレーボールという競技は高さが絶対的要素であり、平均身長が10cm以上開いている時点で正攻法では立ち向かえない。単純に考えると、勝敗は目に見えている。私自身も中学時代にバレーボールをしていたのだが、当時は身長が低く、アタック練習すらロクにさせてもらえない。サーブとレシーブ専門で、レギュラーにはなれなかった。そんな経験からも、今日の試合に日本が勝つのは難しいと感じていた。しかし蓋を開けてみると、日本はまさに「小よく大を制す」。堪え忍ぶようにキューバのアタックを拾い続け、攻撃は相手のブロックを利用してブロックアウトを狙った。それはまるで舞の海が小錦に立ち向かうようで、頭で考え、技で勝負した。接戦の末惜しくも勝つことはできなかったが、その戦いぶりは「これぞニッポン!」を思わせた。

知将・野村克也監督は「弱者を強者に変える」ではなく、「弱者が強者に勝つ」をモットーに、見事に弱小・ヤクルトスワローズを優勝に導き、プロ野球界に革命を起こした。舞の海氏の言う「わずかな可能性を頼りに、不可能だと思われることに立ち向かっていく勇気を伝える」ことを実践したひとりである。判官びいきな日本人を惹きつけるには、野村監督や舞の海関、そして柳本ジャパンのように「小よく大を制す」の姿勢が必要なのだ。

でないと、低迷するどこかのプロ野球チームのようになってしまう。

2005.07.17 | スポーツ | トラックバック(2) | コメント(6) |

TBありがとうございました!!
昨日の試合結果は残念でしたけど今日の最終戦は絶対勝ってほしいですね!!
選手達の笑顔が見たいです(^^)

2005.07.18 10:11 URL | ぁゃ #- [ 編集 ]

>ぁゃさん
昨日は勝てる試合でしたね・・。
その前のブラジル戦もそうでしたが、大友選手のサーブがポイントでしたね。昨日は最後、サーブの順番で菅山選手に交代させられてました。精神面が課題の柳本ジャパンを象徴するような場面だったように思えます。

今日は期待したいです!

また宜しくお願いしますね。

2005.07.18 10:57 URL | エツ #- [ 編集 ]

TBどうもありがとうございました^^
昨日は残念でしたけどイイ試合でした(゚ーÅ)
今日は勝って気持ちよく終わってもらいたいですね^^

2005.07.18 13:21 URL | ヘッド #dHeoN2ss [ 編集 ]

>ヘッドさん
こちらこそ、TB&コメントありがとうございます!日本は「惜しい試合」は多いんですけど、最後につまずく傾向がありますね。今日の相手も手強いですが、弱点をぜひとも克服してほしいと思います。

2005.07.18 13:39 URL | エツ #- [ 編集 ]

TBありがとうございました。
最初はこのチームは前回より身長が低くなり大丈夫なのだろうかと心配でしたが、そんな心配をはらうように大活躍してくれました。

もちろんバレーには高さが絶対的に必要ですが、でも高さだけでは勝てないということを世界に示せたのではないかと思います。

中国戦は惜しくも敗れましたが、いい試合内容だったと思います。

2005.07.19 02:53 URL | 遥 #QMnOeBKU [ 編集 ]

>遙さん
確かに、今大会得点王の高橋選手や菅山選手、竹下選手など、小さくても活躍した選手はたくさんいましたね。

柳本監督は、世界に通用する高さを求めている一方で、低い身長での戦い方も追い求めているのではないかと感じました。今後の戦い方に期待です。

2005.07.19 11:30 URL | エツ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/57-7163a336

日本vsキューバ(女子バレー)
今日も夕食(のりタルタル弁当)を食べながら友人とバレーを見てました。 「うわっ!」「やべぇ!」「よしっ!」「っしゃらー!」 などと叫びながら見てたんですけど(ご飯&のりが飛びました) 隣に居たのがスポーツを見るのもやるのも興味無しな男(いつもと同じ奴)だったので

2005.07.18 13:22 | 窓辺で独り言

女子バレーよかったね!!
結局は負けてしまったわけだけど、ほんともう後一歩ばっかでしたね。ジャッジに疑問符がつくとこはいくらかあったけど、でもそれはお互い様なわけだったし、結局最後は底力の差が出てしまったということですか。フジが一生懸命「取り忘れた一点を取りに行きます」みたいなこ

2005.07.18 22:31 | ZWY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。