上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「全フロア禁煙になりました」「終日禁煙です」
そんな張り紙を見る機会も多くなった。歩きたばこに罰金を科す地域や国も増えており、愛煙家は肩身の狭い思いをしている。嫌煙者は「たばこなんて消えて無くなればいい」「百害あって一利なし」などとヒステリックに声をそろえ、中には「たばこなんて犯罪だ!」という人も。まるでこの世にはびこる悪魔のような扱いだ。

しかし日本には喫煙者がまだまだ存在する。言葉を借りれば「悪魔だらけの国」なのだ。このまま嫌煙運動を見守っていけば、悪魔は徐々に減少するだろう。しかしその悪魔も一種の文化であり、気分転換などの存在価値を感じる人も多い。マナーの悪さは確かに気になるが、頭ごなしにたばこを否定せず、この悪魔と快適に共存できる手段も考えてみてはどうか。

日本の喫煙者数は約3,000万人。これは本州以外の3島(北海道・九州・四国)の合計人口にほぼ等しい。悪魔と共存する手段を提案するならば、喫煙者は北海道・九州・四国に、禁煙者や嫌煙者は本州に、完全に分かれて生活するのはどうだろう。

これぞ、究極の分煙である。

本州では全域でたばこの販売を禁止し、たばこの自動販売機や公衆灰皿を一つ残らず排除する。そして喫煙した者にはウン十万円の罰金を科す法律を制定。テレビで喫煙シーンを流す場合は、必ず「本州での喫煙は禁止されています」というスーパーを入れる。「禁煙島」の誕生である。

一方、「喫煙島」である北海道・九州・四国では、そこらじゅうに自動販売機と灰皿を設置。禁煙スペースなどもちろんなく、「どんどん吸ってください」と言わんばかりの環境をつくる。ただしポイ捨てや健康への悪影響など、あらゆる問題を放ったらかしにはしない。ポイ捨てに対する罰金、定期検診の義務づけ、ニコチン排出ガムの低価格販売など、集中的な対策を施し、“何でもアリ”な喫煙社会にさせないよう努力する。

もちろん健康的にも環境的にも、たばこは吸わない方が良い。そう考えるとこの政策は、喫煙者を尊重すると同時に、減少させるものでもあるべきだ。そこで、もともと北海道・九州・四国に住む嫌煙者・禁煙者には、本州への移住補助金を交付し、「禁煙島」へ引っ越ししやすくさせる。

このような概要で、「究極の分煙政策」はスタートする。

大阪在住のある4人家族。ヘビースモーカーである40歳手前の会社員Kと、たばこを嫌がる妻と娘2人。娘は上が中学2年生で、下が小学6年生。育ち盛りの娘たちに副流煙を吸わせたくないと、妻と娘は以前からKに禁煙を訴え続けている。しかしKは我慢できず、マンションのベランダで細々とたばこを吸う。多くの家庭で見られる光景である。

そんな一家に、「究極の分煙政策」の話が飛び込んでくる。これからもたばこを吸い続けたいKは、北海道・九州・四国のどこかに転勤・引っ越しを提案する。しかしもちろん家族は猛反対。「なんでお父さんのたばこのために引っ越さなアカンの?」と娘。どうしても吸いたいのなら単身赴任しろとのことだ。金銭面や家族と離れる寂しさを考えると、このまま大阪で禁煙生活を送る方が良いのかもしれない。悩み抜いた末、Kはしぶしぶ禁煙を決意する。

家族を犠牲にするならば 禁煙しましょう ホトトギス  
詩にするとこんな感じか。

現在の嫌煙運動のように、頭ごなしにたばこを否定し喫煙者を追い込むことは、必ずしも得策とは言えない。このような政策とまでは言わないが、喫煙者との快適な共存を目指すことが、おのずと喫煙者の減少につながっていくのではないだろうか。

2005.07.28 | 世の中 | トラックバック(4) | コメント(10) |

はじめまして。
ちょくちょく訪問させていただいてます。

この頃の禁煙・分煙の厳しさは、プチ愛煙家のわたしでも肩身が狭いです・・。
記事の最後の一文にかなり共感しました。共存ってホント大事ですよね。

2005.07.30 17:59 URL | おくでぃー #- [ 編集 ]

>おくでぃーさん
どうもはじめまして!ちょくちょく来て頂いてたみたいで、嬉しい限りです。
共存はほんとに大事ですね。今のような嫌煙運動では、マナーを守って吸っている喫煙家がかわいそうです。こんなにも厳しく嫌煙運動を行うようになったのも、一部(?)のマナーを守れない喫煙家のせいでしょう。彼らの責任は大きいですよ。

2005.07.30 21:49 URL | エツ #- [ 編集 ]

初めまして、トラックバックさせていただきました。

喫煙についてブログを書いたのですが、実は私も「究極の分煙」の事もちょっと思いました。ここまで嫌煙者からの反発があるんなら、もう完全に分離(隔離ではなく)させるしかないんじゃないか?とか思ってしまいます。
失礼しました。

2005.08.03 10:12 URL | daisuke #- [ 編集 ]

>daisukeさん

初めまして。TBありがとうございます。
今の嫌煙運動は完全に喫煙者を「隔離」しようとしてますよね。分離が最良の方法かどうかはわかりませんが、こんな現状では分離せざるを得ないと思ってしまいます。難しいですねえ。

2005.08.03 10:22 URL | エツ #- [ 編集 ]

ホント難しいですね。
いい妥協案が出るのかそれとも排除されるのか。。。

2005.08.03 20:41 URL | daisuke #- [ 編集 ]

恐らく妥協案なんて出ないでしょう。今の日本を考えたら、そんなもんでしょうね。

また宜しくお願いします。

2005.08.04 14:41 URL | エツ #- [ 編集 ]

喫煙者って、今の状況しか見えてないんですよね。
ヒステリックなのは、今の状況に文句を言っている喫煙者であって、非喫煙者というのは今まで長い間黙って我慢してきただけなんですよ。
そういうところに全く気付いていない喫煙者が多いから困るんです。
自分の健康を守ることを主張することの、どこがヒステリックなんでしょう?

タバコを吸う行為は緩やかな殺人でしょう。
なぜそういうことに気付かないかなぁ?

喫煙は病気だって、やっと認められたみたいだし(笑)JTに精神を操られてるだけだって、早く気付いたほうがいいですよ!

2005.11.17 13:02 URL | #- [ 編集 ]

>名無しさん
コメントどうもです。
喫煙者だって、「たばこは吸わない方が良い」って多くの人が思ってます。でも結局、我慢できずに吸ってしまう。喫煙者に気を遣うことは、言ってみれば喫煙者の“我慢弱さ”を許している状態だと言えます。その視点で考えると、無理矢理にでも喫煙者を減らしていくべきなのかもしれません。でも日本人の約30%もがたばこを吸う現状ですし、たばこ産業も急になくすことはできません。だからやっぱり徐々に減らしていくのが得策なんでしょうね。あと言えば、日本の偉い人たちに喫煙者が多いことも、何かどこかで影響しているんじゃないでしょうか?これは勝手な予想ですが。
ちょっと話がずれちゃいましたね。
すみません。

2005.11.17 21:27 URL | エツ #- [ 編集 ]

花火業者の者だが、嫌煙家は、花火見物をするな。
〒104-0061。東京都中央区銀座3-14-13。(TEL)03-3543-8181。

2007.07.19 15:08 URL | 岡林久美子。 #- [ 編集 ]

>岡林久美子。さん
個人情報入りのコメントありがとうございます。また何かありましたら、よろしくお願いいたします。

2007.08.06 21:33 URL | エツ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/61-236ac5b6

喫煙者たちの逆襲
 最近、タバコの箱に注意文を載せるのが義務づけられた。 僕が今吸っているマルボロを見てみると「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の1つとなります。疫学的な推計によると~~~~」。いちいち吸う前に肺ガンの事なんか考えさせんな!って正直思う(絶対反論する

2005.08.03 10:04 | Drug & Dropout

[社会・政治]
[社会・政治]  圧倒的な品揃え! 大バーゲンセールも開催中! 税込合計1500円以上のご注文で送料無料、もちろん代引き配送OK!

2005.09.04 17:46 | YutoST.NET AWS

[ビジネス・経済・キャリア]
[ビジネス・経済・キャリア]  圧倒的な品揃え! 大バーゲンセールも開催中! 税込合計1500円以上のご注文で送料無料、もちろん代引き配送OK!

2005.09.04 17:46 | YutoST.NET AWS

分煙
喫煙室前の会議室での会議が超苦手な私だが、今、officeでは、喫煙アンケートなるものが実施されている。喫煙者、非喫煙者両方からのアンケートだ。喫煙者に、生活そのものを禁煙しろ!とは言わないが、社内ではしっかり分煙して欲しい。設備投資的問題で、なかなか完璧....

2005.09.30 02:27 | ダンスと語学な日々

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。