上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

これほどまでとは思わなかった。私は以前から郵政民営化には賛成で、今回の選挙でも自民党をある程度支持していたのだが、ここまでくると少し恐怖感すら感じてきた。恐らく多くの人がこれほどの圧勝を想像していなかっただろう。

自民党の勝因はただ一つ。小泉総裁のメディア活用の巧さである。8月8日の衆議院解散以来、小泉総裁は徹底して総選挙を「郵政民営化を問う選挙」と位置づけてきた。「イエス」か「ノー」か、一つのことだけが焦点になる解散・総選挙はメディアの食いつきも良い。造反者を容赦なく切り捨てていく方針など、マスコミの格好の餌食になるネタもある。メディアは小泉総裁を批判することもかなりあったが、同時に小泉戦略ばかりに焦点を合わせることになった。さんざんメディアから小泉総理の声を聞いた有権者は、言い方は悪いがマインドコントロールのように、今回の選挙は「郵政民営化を問う選挙」であるという認識を植え付けられた。「そうではない」と民主党をはじめ野党が訴え続けたが、それに勝る話題性もなく、勝負にはならなかった。公務員の優遇が痛烈に批判されるこの時代、具体的内容は議論の余地があるが、郵政事業は民営化すべきだという有権者は間違いなく多い。その有権者が、「郵政民営化賛成」の肩書きを持つ与党の候補者にそのまま投票したのだろう。さらに、「刺客」「くの一」「マドンナ議員」など、マスコミがおもしろおかしく取り上げそうな戦略を次々に実行し、自民党はメディアを支配した格好になった。国民はメディアを通し、小泉総裁の強引さを知るとともに、彼の考えをたやすくスムーズに認識できたのだ。今の世の中、政策だけでなく、メディアの活用が選挙で勝ち抜く重要なポイントであると痛感した。反小泉の方々は何よりもメディアを恨むべきだ。

実際、これで晴れて郵政民営化を実現することができるわけなので、私としては頷くべき結果なのであろう。しかし、これは少し恐怖心を感じる結果でもある。公明党と合わせた与党の議席数は、どんどん確保され何と320議席を超えてしまった。過半数どころか、全議席の2/3以上。これはある意味恐ろしい事態である。与党で衆議院の2/3の議席を超えたということは、あらゆる法案がたとえ参議院で否決されても、最終的には与党の思うまま成立させることができることを意味しているのだ。私が今回の選挙で自民党を支持したのは、あくまでも郵政民営化に対してだけであって、年金や増税、外交、憲法改正などをトータルで支持したわけではない。それは与党に投票した有権者の多くに共通することだろう。勝利後のインタビューで小泉総裁が「これで責任が重くなった」と言っていたらしいが、まさにそう。彼がどういう意味合いでその発言をしたのかはわからないが、自民党の責任は確実に重くなったのは間違いない。郵政民営化に焦点を絞ったからと言って、郵政民営化だけしていればいいわけじゃない。日本にはあらゆる問題が山積みなのだ。

自民党の独裁政権に近いこれからの状況は、自民党の好きなように何でもできる状況だと言っても過言ではない。自己を見失い間違った方向へ進まぬよう、自民党が自分たちを客観的に見てじっくりと幅広い政策を行うことが重要になる。果たしてそれが彼らにできるのか。見ものである反面、恐怖を感じる。

2005.09.12 | 世の中 | トラックバック(4) | コメント(3) |

>私が今回の選挙で自民党を支持したのは、あくまでも郵政民営化に対してだけであって
衆議院選挙は今後4年間の国政を託す選挙。郵政民営化是非の国民投票じゃないです。
>トータルで支持したわけではない
これは通用しないですよ。
失礼ですが、
エツさん自身も小泉メディア・ポリティクスに踊らされていた一人だと思います。

衆議院議長、副議長その他全て与党のみで独占しようとする動きは、
○○への序曲なのかなぁ?

2005.09.14 20:58 URL | hide #/q/2XrHk [ 編集 ]

>hideさん
「通用」って・・・。これは何がどう通用しないってことなんでしょうかねえ。世の中に通用する考えが必ずしも正しい考えだとは思いませんが。過去の常識にとらわれて周りを意識した保守的な言葉のように聞こえちゃいますよ。「こんな考え方もある」程度で認識させてもらいまっす。

>衆議院選挙は今後4年間の国政を託す選挙。郵政民営化是非の国民投票じゃないです。
まあ、従来の考え方で言えばそうでしょうね。そんなことずいぶん前からもちろん承知済みっすよ。ただ、あくまでもこれは「基本的な考え方」であって、個人の意識はその時その時で柔軟に変えていかないといけないと思いますよ。僕は、4年間の国政を自信をもって託すことのできる政党なんて現在は存在していないと思ってますから。注目するところを絞って投票するのは自然な流れでしょ。もし選挙というものが、4年間の国政をトータルで支持しないと投票してはいけないものだったら、投票率なんてガタ落ちっすよ。そのへんの考え方は、もう少し柔軟にしないといけないのではないでしょうか。特に今は。

2005.09.15 16:20 URL | エツ #- [ 編集 ]

う~ん、私に文才が無いから上手く伝わらなくてもどかしいッス!
一緒に居酒屋とかで酒でも交えながら(笑)面と向かって討論すれば理解出来たかも。

日記汚してスマンかった!

2005.09.15 21:28 URL | hide #/q/2XrHk [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/70-aaef1105

自民党圧勝、あっしょう・・・
きのうの選挙、みなさん投票に行きました?投票に行っていない人は、今後、変な政治が行われて経済が破綻しても、年金が廃止されても、保険料がうなぎのぼりでも、消費税が上が

2005.09.13 11:43 | 夏と海と空と鯉

衛生兵を呼べ
2005年衆議院選挙が終わりました。結果は自民党296議席、公明党31議席で与党2/3を越える議席。ここまでの議席数だと、他の野党は「見学してるだけ政党」となり中国共産党、朝鮮労働党

2005.09.14 20:44 | 野田寮雪板横乗部

増税と与党の参議院議員選挙圧勝を同時に実行できる「自民党ナポレオンプラン」
消費税増税を含む大増税プランが次々と発表されている中,自民党の中川政調会長や安倍官房長官らから消費税増税に対して消極的である旨の発言が相次いで出てくるようになりました。やらせ臭くないかなあ?やらせかどうかはさておき,自民党が増税については一枚岩で....

2005.11.15 23:43 | あれは,あれで良いのかな?

「まさか」と「何でもあり」の2005年・・・このままでは、日本がアブナイ(1)
 今年もあとわずかになったので、少し(?)2005年を振り返ってみたい。 私は、2005年というのは、もしかしたら日本の将来を大きく左右したり、暗示したりする可能性のある年だったのではないかと思うところがある。 もし近い将来、日本が他国と戦うことがあっ

2005.12.30 02:51 | 日本がアブナイ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。