上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

特に理由もなく、一つのことを頭の中で深く考えてみる。こんなことは恐らく、誰でも一度は経験したことがあるだろう。僕は昔から、ふとした瞬間に「死んだらどうなるんやろ?」ってことを特に理由もなく考えてみることがあった。まあ、年に1~2回くらい。それも2~3分くらいの間だけ。特に最近は、相次ぐテロや自然災害、阪神大震災やJRの脱線事故など、いつ自分が犠牲になるかわからない事故や事件が身近にも起こり、「死ぬ」ということを以前よりリアルに感じてしまうようになった。もちろん、僕に自殺願望があるわけでもなければ、殺人事件を起こしたいわけでもない。単純に、「死ぬ」ということが理解できないのだ。そんなことを一瞬ではあるが深く考えていると、だんだん訳がわからなくなってくる。

人間が死んだら、恐らく何も残らないと思う。記憶も、考えも、もちろん肉体も。僕は今まで死んだことがないのだから、もちろん「たぶん」としか言えないが。この世の中には様々な宗教があり、それぞれが「死」について独自の考えを示しているが、僕がさっき書いた考え方をしている宗教はほとんど無い。宗教とは本来、自らの存在と自らの理想とする正しい人間像の基準を教えるための活動や運動のことであって、「死んだら何も残らない」なんて考えは、現実的ではあっても理想的ではないのだろう。生きること(=死に近づくこと)は、あくまでも前向きなことであると信じたいのだ。まあ、それは僕も同じ。

エホバの証人の考え方は、僕の考えとなかなか近かった。「死は完全な無意識の状態である」「生きている者は自分が死ぬことを知っている。しかし、死んだ者には何の意識もない」「人が死ぬと、その霊は出て行き、彼は自分の地面に帰る。その日に彼の考えは滅びうせる」 霊がどうのこうのの部分は微妙だが、この考えは単純で現実味がある。この考えを信じたいというわけではなく、実際どうなのかと考えた時、この考えが近いような気がする。死んだ時点でその人は物事を考えられなくなるし、肉体を動かすことができなくなる。そしてそれ以前に、永遠に意識がない状態になる。「人は死んでも魂として永遠に生き続ける」という考え方をたまに聞くが、それはどうだろう。確かに、魂になって自由に生き続けるのはなかなか新鮮で経験してみたいが、現実的ではない気がする。特に僕は、いわゆる「霊感」のようなものが全くなく、そのようなものを信じていないからだ。

僕が子どもの頃は、仏教の輪廻転生を信じていた。いや、というよりも、それが当たり前のことだと思っていた。人は死ぬと、数日以内に何かに生まれ変わる。しかし生まれ変わった時、その前の自分の記憶や考えは全て消えてしまう。・・・確か、こんな感じの内容だったはず。すなわち、何もかもリセットして新しい自分に変わるのだ。この考えは、「死んでも自分は生き続ける」という意味では、まあまあ希望があるように思える。しかしこれは、実はとても残酷なことだと僕は思う。死ぬまでに経験した素晴らしい思い出や考えが、死んだ瞬間にゼロになってしまうのだ。人生とは、どれだけ素晴らしい思い出をつくり、どれだけ素晴らしい経験をしたかが大切だと思う。しかしその素晴らしい思い出や記憶が、「生まれ変わる」ということのために、一瞬でリセットされるのだ。「生まれ変わった自分」といっても、記憶も意識も体も何もかもリセットされるのだから、言ってみればまるっきり“違う人間”。では何をもって「自分」と言うのだろう・・・?もう、わけがわからなくなる。こんなことなら、魂となって彷徨う形でもいいから、自分という人間をそのままにしておいてくれ、とさえ思ってしまう。せっかくの記憶や考えを全て消してしまうのは、ちょっと悲しすぎる。

「生まれたのも自分の意思じゃないし、死も普通に死ぬのは意思じゃない。突然やってくる、どっちもね。ああ、詩の荘だって言ってるときは、まだ生きてるし、あっ、死んだというときは、死んじゃってる。つまり死には現在形がないんだ。だから、ああ、俺も死んじゃうのかなあと思って生きてるうちにいつのまにか自分で気付かないうちに死んじゃってるんじゃないの。だから、本人には死はないんじゃないの。僕は、死ぬまでは、精いっぱい生きてようと思ってる。まあ、生きてるのがいいと思うよ。だったら楽しく、おもしろく、よりよくね。ヒトにやさしくね。ヒトに良くすると自分に良いことが起るし、自分に浴するとヒトにも良くすることになるしね。僕は、毎日喜んで生きてるよ。」

この言葉は、どっかのサイトで見つけたある画伯の言葉。いい考えだと思う。死んだ後のことをいくら考えても、結局は死んだ後の苦しみなんて何も感じない。だったら、何かを感じられるとき(=生きてるとき)にいっぱい楽しいことをしようってこと。この言葉を読むと、なんか気持ちの構造が単純になるような気がする。何事も、難しく突き詰めて考えていくと、最終的には単純な考えに落ち着くものなのかも知れない。

2005.10.04 | 戯言 | トラックバック(0) | コメント(8) |

「死んだら何も残らない」という考えは、正しいように思えますが、かつての「天動説」のごとき大いなる誤りです。
今ある世界は、すべてあなたの思考のなかにあるのですから、あなたの思考がきえてなくなれば、世界そのものが消滅します。完全な無です。しかし、そう簡単にはいかないでしょう。
物事は単純だというのも間違いだと思っています。
科学が世界のありようを解明していますが、どれ一つ単純なものがないことがその証拠です。
時間についても、私はたぶんいくつもの時間軸が存在しているのではないかと想像しています。

2005.10.05 04:50 URL | PIETRO2007 #- [ 編集 ]

>PIETRO2007さん

>「死んだら何も残らない」という考えは、正しいように思えますが、かつての「天動説」のごとき大いなる誤りです。
>今ある世界は、すべてあなたの思考のなかにあるのですから、あなたの思考がきえてなくなれば、世界そのものが消滅します。完全な無です。しかし、そう簡単にはいかないでしょう。

このことが、まだ僕の頭では理解できません。これは「死んだら何も残らない」ではない考え方なのでしょうか?もう少し具体的にご説明して頂ければうれしいです。かなり興味深い考え方なので、ぜひとも理解したいです。

>物事は単純だというのも間違いだと思っています。
>科学が世界のありようを解明していますが、どれ一つ単純なものがないことがその証拠です。

これは少し誤解です。僕の書き方が間違っていたのかもしれません。確かに、物事を突き詰めて研究していくと、どれも単純なものではないことがわかります。でも僕が言いたかったのは、「生きていく上で大切な考え方」です。悩んだり、苦しんだりしたとき、結局自分を解放してくれるのは「難しく考えず生きていこう」的な考え方だと思うんです。まあ、僕がそう信じたいだけなのかもしれませんが。

PIETRO2007さんの考え方は、正しいとも間違っているともまだ思いません。でも、大変興味深く、素晴らしい考え方であるような気がします。コメントありがとうございました。

2005.10.05 07:27 URL | エツ #- [ 編集 ]

人間ってさ、実は自分の経験したことの範囲(定規)でしか物事を考えられない生き物。
『死』に関して言えば、自分の人生の中での様々な経験…人の死やテレビの映像、書物、宗教(説)などから得た情報から「想像」することはできる。でもそれが正しいかどうかなんてわからない。だって『死』の経験者なんていないのだから。
『死』以外の事柄は誰かしらの経験者がいるだろうし、言葉は適切でないかもしれないけれど「正解」というものがあるのだろう。でも唯一『死』は人としての最後の経験であるが故に『経験者語る…』とはいかない。
人間って愚かだなぁって思うのはそこ。解決できないことに関して異常なほど考え、悩み、恐怖する。
人は生まれた瞬間から死に向かって生きている…それだけでいいじゃないかと思う。
死んでからなんてことを考える前に今ある現実に向き合う方が大切ですよ。
だって今生きているという"完全なる事実"があるのだから。
ま、そうは言っても死んだら全く何にもなくなるという現実を受け入れて今を生きていくというのは、やはりetsuくんの言う通り理想的ではないのでしょう。
肉体は滅びても魂は生き続ける…それもいいでしょう。
輪廻転生を信じて生きる…それもいいでしょう。
来世の為に徳を積むだけの一生(どこかの宗教にそういうのがあったな)…それもいいでしょう。
どういう考えであっても、今を精一杯生きることが出来ればそれでいいのだと私は思う。
『死』というモノは今を生き抜く糧となれば一番良いのだと。。。

2005.10.05 12:02 URL | chiko #- [ 編集 ]

>chikoさん
コメントありがとうございます!うれしいっす。
おっしゃること、ホンマその通りだと思います。『死』なんてのはどれだけ考えても答えなんて見つからないものですし、どう足掻いてもいつかは誰もが経験することです。だから、死んでからなんてことを考える前に今ある現実に向き合う方が大切・・・ホンマ、そう思います。そうは思ってても、なんか、ふとした瞬間に深く考えてしまうんです。死を恐れているからなのかもしれないですし、単純に興味があるだけなのかもしれないです。僕がどれなのかはよくわかりません。ただ言えるのは、chikoさんがおっしゃったことでしょうね。死について考えることは決して悪いことではないとは思いますが、結論は「今を精一杯生きよう」ってこと。

>『死』というモノは今を生き抜く糧となれば一番良い

そう思います。
また宜しくお願いします。

2005.10.05 13:52 URL | エツ #- [ 編集 ]

PIETRO2007さんとエツ氏の「死」の解釈の違いは主観を自分に置くか世界に置くかの違いだと思う。

主観を自分に置いた場合、この世界は自分が生まれた瞬間に誕生し、死ぬ瞬間に消滅してしまう。
この世界は自分の意識の上に成り立っているもの。過去の歴史も街行く人もエキストラ。この肉体だって本物かどうか怪しい。
人それぞれに世界をもっていてそれぞれの世界はまったく異なるかもしれない。というか他人なんて実は存在しないかもしれない・・・。
と、考えることも出来る。(かなり極端な例を挙げたけど)

一方、主観を世界に置いた場合、自分は世界という舞台の役者の一人。
自分がたとえ死のうと世界は回りつづける。

主観を自分に置くとすれば「自分の死=世界の消滅」
主観を世界に置くとすれば「自分の死=個人の消滅、でも世界は回る」
どっちも自己は消滅するけれど意味合いが少し異なる。
こういうことなんじゃなかろうか?

もちろん僕は死んだことが無いのでどっちが正しいのか分からない。(もちろんどっちも正しくないかもしれない)
でも、できれば僕が死んでも世界は回りつづけて欲しい。


あと、chikoさんの「今を精一杯生きる」のが大切というのは本当にそうだと思う。
後で悔んでもどうしようもない。多少の長短はあれ時間は限られているのだから全力疾走で生きていきたい。

でも「人間って愚かだなぁって思うのはそこ。解決できないことに関して異常なほど考え、悩み、恐怖する。」の部分はどうだろう?
「死について考える」のと「今を精一杯生きる」のは決して相反しないと思います。
むしろ宗教や医学、哲学、科学なんて「死について考える」ことによって発展してきたとも言える。
本気で死について考えたことがあれば自殺や殺人件数も少しは減ると思う。

僕は逆に「死について考える」ことを皆が止めたらそれこそ終りだと思う。


「死んだらどうなるんやろ?」という論旨からは、ずれたかも。
ゴメンよ。

2005.10.06 13:01 URL | harao #X.Av9vec [ 編集 ]

>haraoさん

>PIETRO2007さんとエツ氏の「死」の解釈の違いは主観を自分に置くか世界に置くかの違いだと思う。

うん、理解しました。なるほどね、そういう考え方もあるんや、と思いました。ただ、みなさんが言うように、それが実際正しいのか正しくないかなんてわかりません。「死」を経験した人間なんてこの世にいません。PIETRO2007さんの「かつての天動説のごとき大いなる誤りです」という言葉は、そう考えると少しどうかと思います。誰がどの説を信じるかは自由ですが、事実が立証されないうちから自分と違う考え方を否定するのはちょっと違うと思います。この「死」ように、事実が何なのか誰もわからないことに関しては、お互いの意見を尊重した言い方で自分の意見を述べることが重要ですね。

>でも「人間って愚かだなぁって思うのはそこ。解決できないことに関して異常なほど考え、悩み、恐怖する。」の部分はどうだろう?「死について考える」のと「今を精一杯生きる」のは決して相反しないと思います。

科学で証明できないことや、誰も知り得ないことっていうのは、誰も体験していないだけに想像を広げることができますよね。さまざまな想像をふくらまし、様々な意見を交わすことができる。そこには一種のロマンのようなものがあると思います。「こうだったらいいな」「でも実際はこうだと思う」など、わからないことをわかろうと努力することは自然であり、有意義なことであると思います。考えすぎるのはどうかと思いますが、僕も「死」について考えるのは必要だと思います。「死についてなど考えないで、今を生きようぜ」ではなく、「死んだらどうなるんだろう?でも、わかんないから今を生きようぜ」ってことじゃないでしょうか。

2005.10.06 13:52 URL | エツ #- [ 編集 ]

今日爆笑問題が出てたテレビで「死んだらどうなるの?あの世や霊魂は?」みたいな事やってましたよ!帰ってきてから見たので30分くらいしか見ることが出来なかったのですが、この番組を見て、etsuさんのブログを思い出したのは言うまでもありません。

人間は他の動物と違って未来のことを考えることができるために、死を理解するようになったのですが、その想像の死の恐怖に耐えることが出来ないせいで、あの世や霊魂みたいなのを信じるような宗教的な思想を持つようになったみたいですよ。人間が未来のことについて考えれるようになったのは旧人の頃からなので、未来のこと、つまり死に関して考えてしまうことは仕方のないことだと、北大医学部の学者が述べておりました。死に対する考えは脳を持つ人間ならではのものですので、不安、恐怖はつのりますが、素晴らしいことなのです!人間に近い猿でさえ、最高でも2時間先のことしか考えることが出来ないらしいです。

死ぬのはどうなるか分からないのですごく怖いですが、「今死んでも大丈夫かも」と思える瞬間が増えてきました。逆に、死ぬことよりも、先の不安に駆られる毎日を送っている方が苦しみ、とゆうか試練、とゆうか恐怖なのかもしれませんよね。

2005.10.11 23:39 URL | タタミ #- [ 編集 ]

>タタミ
そうなんやー。俺もその番組見たかった!
結局答えがどうなんかは知らんけど、さまざまな想像や信念を持つことは素晴らしいことやな。答えのでないことを考えるのは決して悪いことではなく、やっぱロマンがあることやと思うわ。だから人間って楽しいんよ。

>「今死んでも大丈夫かも」と思える瞬間が増えてきました。
そこまで思えるってすごい状態やな。俺はまだまだ死ぬなんて絶対に嫌や。今の生活はごっつい楽しいけど、この先はもっと楽しいことがあるかもしれへんし。ただ、死ぬのは恐怖やけど、毎日その恐怖に苦しんでいるわけでもない。だから毎日楽しいねん。死について考えすぎてしまったら、毎日が恐怖に感じてまうんかもな。

2005.10.12 11:33 URL | エツ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/72-1e44da0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。