上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ある会社にAさんとBさんがいます。Aさんはある業務を効率的に行い、定時より30分遅れの18:30に退社しました。一方、Bさんも同じ業務を行っていたが、あまり効率が良くなく、3時間残業し21:00に退社しました。このとき、効率的な業務を行ったAさんには残業代が出ず、効率の悪いBさんに残業代が入りました。会社側は、この現状は不公平だと思い、ある措置をとりました。さて、それは次のうちのどれでしょう?

1)全員が定時で帰られるよう、効率的な業務遂行を行うよう社員に指導する。
2)残業代を出さないようにし、仕事が遅い人はいくらでもタダ働きしてもらう。


理想としては1)だろうと思うが、そう簡単はいかないもの。なので、会社によっては2)の措置をとる会社もあるだろう。それはやはり人それぞれ、会社もそれぞれだからである。

しかし近い将来、国としてこの2)を合法化してしまおうという動きがある。現在この国には労働基準法により、一日8時間、一週間40時間という労働時間の定めがある。そして平日の残業や休日出勤をさせたら25%以上、深夜業の場合は50%増の割増賃金を払わなければならない。現状、この労働基準法を完全に守っている企業などほとんどないだろう。現時点で十分「長時間労働の国」の状態であるのに、国は労働基準法の規制を取っ払い、言ってみれば「24時間でも働いて日本のために頑張れ」という制度を正式につくろうとしている。現状、多くの労働者は残業手当対象外の長時間労働を強いられ、「職場ストレス」「過労死」「仕事が原因でのうつ病」など様々な問題が提起されている。そんな現状に、この国は追い打ちをかけようとしているのだ。少子化や未成年犯罪などの問題も、この「労働者の長時間労働」が全く関係ないとは言えないと思う。果たして国は、そんな労働の現状をすべてわかったうえで、この制度をつくろうとしているのだろうか。

その制度は、ホワイトカラー・エグゼンプションという。アメリカが本家であるこの制度は、定められた一定の要件に当てはまるホワイトカラー(研究者、技術者、事務職員などの頭脳労働者)を、労働基準法の「規制」からエグゼンプション(除外)しようという制度だ。その要件に当てはまる労働者は、残業しても割増賃金を支払われなくなり、労働時間の規制を受けることもない。ホワイトカラー労働者は、考えて成果を出すことが仕事であり、労働時間と非労働時間の境があいまいになることが多い。だったら労働基準法の時間規制を受けず、「成果をあげるために好きなだけ働きなさい」という論理である。その代わり、成果を挙げれば見合った報酬を受け取ることができる。まさに米国流の「成果主義」。これを日本でも導入する動きに現在なっている。

ただ、アメリカの「成果主義」と違って、日本での導入はどちらかというと「賃金抑制」や「国際競争力強化」の意味合いが強い。つまり、労働者の立場でなく、企業・国の立場で考えた結果の導入なのだ。財界がこの制度の導入に本気になったのは、厚生労働省がサービス残業根絶の通達を出したことがきっかけ。これを力に労働者の申告が相次ぎ、トヨタなどの主要企業が不払い残業代を支払わされた。通達後4年余の間に、支払いは605億円を超える巨額に達し、財界に衝撃を与えていた。これが導入の引き金になったのである。また日本経団連は「最近の労働行政は、企業の労使自治や企業の国際競争力の強化を阻害しかねないような動きが顕著」と非難し、ホワイトカラー・エグゼンプションの導入を訴えた。もっともっと働かせ、もっともっと無駄な金(=残業代)を減らしたいのだ。このむちゃくちゃな考えを国として実行しようとしているのだから、末恐ろしいったらありゃしない。

アメリカでは、この制度の要件は「2人以上の部下をもっている管理職や運営、専門職で週給455ドル以上」。しかし日本経団連が6月に出した提言では、「年収400万円以上の事務労働者」という要件だけ。地位、権限、責任、部下人数等とは無関係なのである。したがって、かなりの労働者にその要件が当てはまり、無制限に働かされ、残業代も支給されなくなる。

小泉内閣が今年3月に閣議決定した「規制改革・民間開放推進三カ年計画」は、一定の労働者を労働時間規制の対象から外す検討をするとしている。その目的は「自己の裁量の下で自由に働くことを可能にする」とのことだ。これがどれほど恐ろしいことか、彼らは知っているのだろうか。この制度は、早くも来年の国会に法案として提出する予定らしい。

サービス残業の合法化が生み出す過労死社会。その被害者になるのは、もしかしたらあなたかもしれない。そうなる前に、国民の声を彼らに届かせようじゃないか。

2007.1.22の追記:ホワイトカラー・エグゼンプション導入に断固反対!につづく

2005.10.09 | 世の中 | トラックバック(15) | コメント(36) |

皆さんが危惧されるように、かなりこの法案は危険な香りがしますね。
と言うのも、日本は常にアメリカの先進的なやりかたを褒め称え、なんでも取り入れようとするのですが、文化的、社会的、歴史的背景が全く異なる国の方法論を表面だけマネするだけにとどまり、実際には、「改悪」に向っている事が非常に多いですよね。
成果主義の導入は、その顕著な例でしょう。
そもそも、成果が上がらない社員に多くの仕事を押し付ける会社は、効率的に会社を運営させようと考えていない、もしくは考える事ができないと思いますから、この制度が導入されようとされまいと、大きな差は出ないかもしれません。
優秀な人は残らず、その会社は衰退、もしくは無くなってしまうのではないでしょうか。

2005.10.10 14:36 URL | Shokuhan #- [ 編集 ]

>masaさん
ダイヤモンドでも取り上げられてたんですか。YOMIURIウィークリーでも批判的に書いてありましたよ。庶民いじめをするにしても、結局それが回り回ったら日本のため、庶民のためになる制度であればいいんですけど、この制度をはじめとする庶民いじめはそれがあまり見えません。小泉さんは国民への説明をもっともっとすべきです。国民全員が幸せになれる法案なんてないとは思いますが、だからといって庶民を集中攻撃するのはどうかと思います。

>Shokuhanさん
おっしゃる通りです。制度というのはそれ単体で良いか悪いのか判断できるわけじゃなく、その国やその地域に合うか合わないかが重要です。百歩譲ってこれが良い制度であっても、単純にマネ(それも表面だけ)するのはどう考えてもおかしい。この制度の導入がきっかけで、日本人の労働が悪い方向へ向かわなければ良いのですが・・・。もっと庶民レベル・現場レベルの現状を把握してくれないと、国と国民の間にどんどん溝ができてしまうと思います。

2005.10.12 11:33 URL | エツ #- [ 編集 ]

小泉自民党のバックは経団連。
なるべくしてなった結果ですかね。

2005.10.23 02:33 URL | hide #/q/2XrHk [ 編集 ]

>hideさん
どうも!
確かに、経団連が幅をきかしている時点で、こうなるのは予想できたのかもしれません・・・。民主主義になる日は遠いですね。

2005.10.23 07:04 URL | エツ #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.10.25 00:40  | # [ 編集 ]

いよいよ、現実味を帯びてきましたね
こんなのが導入されたら
労働者だけではなく、観光・レジャー・ゲーム産業が壊滅的打撃を受けそうな気がするんですが反対はおきてないのでしょうか…。

2006.11.12 15:33 URL | ヴぃっくる #- [ 編集 ]

>ヴぃっくるさん
どうも初めまして!コメントありがとうございます。

ついに、きましたね。
反対は起きているのでしょうが、いかんせん、
まだこの問題が世間に浸透していない気がします。
もっとアピールしていくことが必要ですね。

2006.11.17 22:28 URL | エツ #- [ 編集 ]

経団連はたちがわるい

2006.11.21 14:07 URL | #- [ 編集 ]

1)の時点で実現できてない会社が多いし、残業代払わない会社が多いでしょうに。
大きな会社では実現したとしてもそれによって派生する下請けへの仕事の押し付けは多大に膨れ上がり働き盛り世代の過労死、自殺者はより増えると思われます。そして家族との時間も減り、子供達への注意も向けられなくなり今問題になっているいじめ、自殺者も更に加速する図式に繋がると何故気づかないのですかね?

2006.11.27 01:35 URL | nao #HuBhO90w [ 編集 ]

>naoさん
コメントありがとうございます。
そうですよね。これはもはや労働だけの問題ではないと思います。働く人のライフスタイル、さらにはその周りの家族・友人にまで影響が及んでしまうと思います。この問題に限らず、物事は様々なことに繋がっていくってことをもう少し考えてほしいものです。

2006.11.27 23:27 URL | エツ #- [ 編集 ]

もし日本にそういう西洋、アメリカ的なシステムを導入することによってますます過労死、及び精神疾患だけでなく日本社会そのものが滅ぶ懸念を持っています。もうこれ以上日本人が日本国民を苦しめないで下さい。私たちは日本人です。野蛮な西洋、アメリカ的なシステムを取り入れても何もほとんどメリットは生まれないと思います。私も過労で精神疾患を患った一人です。残業手当てもほとんどなく地獄でした。病院にも行けず何度も死のうかと思いました。ですから日本人なら古来より日本人にあった平等性を持ったシステムを導入するべきです。今自分の都合でしか考えない個人主義ばかりの世の中、これをきっかけに日本社会の有りようを見直すチャンスではないでしょうか。安倍総理の言っておられた 「美しい国」を作るならばまずこういう馬鹿げたシステムをまず絶対に排除するべきです。日本国民の一人として無知なコメントと承知とわかっていますが絶対に反対です。どうか安倍総理、よろしくお願いいたします。

2006.12.27 22:14 URL | しん #- [ 編集 ]

本当に「ホワイトカラーエグザンプション」は悪いのでしょうか。確かに、不当な給与の減額に対して実質的に打つ手が無く、仕事量(又は売り上げなど)に関係なく、経営者の好きに給与を決められてしまうのであれば最悪です。しかし、現在のサービス残業の取締りのように、経営側の姿勢を厳しく監視し、罰することができ、公正な運用がなされるのであれば問題ないのではないかと思います。
何を言いたいかというと、「成果主義」もそうですが、悪いのは「ホワイトカラーエグザンプション」という概念ではなく、それを運用するフェアなルールが担保されないことにあると思います。「成果主義」で問題になるのは、客観的な「成果」の評価方法が確立されておらず、評価する側が恣意的に「成果」を評価できてしまう状況を許してしまったことが問題であって、「成果主義」そのものが悪かったのではないと思います。同様に、「ホワイトカラーイグザンプション」もその運用を誤れば「成果主義」のときのような悲劇が起きると思いますが、「ホワイトカラーエクザンプション」全てを否定するのではなく、「成果主義」のときの悲劇を繰り返させない制度の設計を考えるのも一つの道だと思います。やはり、同じ仕事量でも、だらだらやった方が金になるなんてやっぱりおかしいと思いますし、それが競争力の向上を阻害するということも否めませんし。

2006.12.28 13:58 URL | おすぎ #- [ 編集 ]

断固反対です。今でさえ、残業代がカットされて長期連休さえまともに取れない主人をこれ以上仕事ヅケにされたら溜まりません…大企業は、自分達さえ良ければいいという考え方しかしていない!下請け企業がどれだけ日々生産に追われているのか…自分達の品質不良の為に、下請けに迷惑をかけているうえに毎年単価の値下げ…下請け会社の社員は給料が上がらずにいるのに自分達だけ毎年利益が多いに決まっている。日本国内の格差社会が進めば物は売れなくなりの、こまま産業の空洞化が進み、中国等に技術を盗まれ手痛いシッペ返しが来るのも近い将来だと思います。このまま行けば貧乏人に冷たく金持ちだけに優しい日本国になり国自体が機能しなくなる運命なのでは?

2007.01.02 00:49 URL | 下請け会社 #Umb.NZg6 [ 編集 ]

この法案は本当に許せません。
労働者のことをまったく考えていない無神経な法案といっても過言では無いかと思います。
ただでさえ賃金を低く抑えられて残業代でカバーしているような会社も多くある現状ではワーキングプアにさらに加速をつけるようなものではないのでしょうか?
#こんな法案が通る国では将来にはもう期待できないです。是非とも断固反対です。そしてもう少し国民の生活を今の坊ちゃん首相には思い知って欲しいものです。

一人ではどうすることもできないのが悔しいです。

2007.01.03 10:00 URL | よーぶ #MLEHLkZk [ 編集 ]

はじめまして。
前職が事務だったのですが、わたしは任された仕事は必ず時間内に終わらせていました。そのためには様様な努力が必要になります。それでもわたしがもらえるのは時給分だけ。同僚は何の努力もしなかったために、わたしの同じ仕事量にも関わらず勤務時間内に終わらず、残業をし、手当てを得ていました。それどころかわたしが残業をしないことに対して注意を受けたこともあります。どうやら、残業をすること自体が日本人の美学のようです。ただし、業務の内容によっては、やむを得ず残業をされているかたもいらっしゃいますね。わたしが思うのは法案化する必要があるのかということ。企業が個々に解決すべき問題であって、法案化することで強引にまとめようと言うのは企業側の怠慢にすぎないのではないでしょうか。
何にしろ、政府が今なすべきことはこの法案の可決ではないと思います。何事にも優先順位をつけて、というのは効率よく業務を行うための基本なのでは?
無知な学生の意見ですが思ったままを書かせていただきました。

2007.01.03 10:31 URL | なほこ #pprjMJPo [ 編集 ]

反対です。
ますます住みにくい日本になってきましたね。優秀な人ほど日本離れが進みそう。
今の日本、メリットよりもデメリットの方が確実に上回る事は、誰でも容易に判断できると思います。

2007.01.05 14:26 URL | ひろと #- [ 編集 ]

サイト管理人のエツです。
みなさま、様々なご意見を書き込んで頂いてありがたい限りです。本来なら、お一人ずつきちんとしたコメントを返信したいのですが、あいにく忙しくて返信できず、すみません・・・・。

この記事で書いたとおり、今も私はこの法案に反対です。ただ、おすぎさんのおっしゃるとおり、内容によっては意味のある制度になり得るものなのかもしれません。最近、この制度についての賛否があらゆる場所で論じられています(否の方がダントツで多いですが・・・)。法案の内容自体も、細かい部分でいろいろと案だしがなされています。内容の細かい部分も考えながら的確な反論を行いたい、と改めて思う次第でございます。

またよろしくお願いします!

2007.01.06 00:17 URL | エツ #- [ 編集 ]

サラリーマンの全員で1月X日に労働ストライキ(ボイコット)ってできないですかね?

経団連+自民党タッグに対抗するには、合法的なデモやストライキだと思うんですが
アメリカに負けて、日本国(新植民地)自体は牙を抜かれて、何もできないですが、国民自体(自分含めて)も全共闘ぐらいから牙を抜かれたんですかね

2007.01.07 08:55 URL | 20代 #8VdQW56g [ 編集 ]

はじめまして!こんにちは!
トラックバックさせていただきますm(__)m

2007.01.09 01:35 URL | 涼微 #- [ 編集 ]

以前からそうですが、今年も、絶対自民党には投票しません!
皆さんも、自民党に投票しないで下さい。

2007.01.09 17:38 URL | どまどま #mQop/nM. [ 編集 ]

けっきょく、自民党を当選させているのは国民ですよね。

わたしは、自民党には票をいれてませんが・・・

2007.01.10 22:06 URL | まるまる #- [ 編集 ]

 一番いいのは、政治家の報酬を現在の1/2にして、様々な恩恵を全てなくすこと。

 国民と政治家の生活感覚が異常に乖離しているのがこういう悪法を作る元になるのではないでしょうか。

2007.01.11 22:21 URL | はじめまして #SnuvRcC2 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.01.12 02:03  | # [ 編集 ]

http://www.yoronchousa.net/webapp/vote/result/?id_research=1847
ホワイトカラーエグゼンプションに関して世論調査が始まっています。
(リアヨロにて)

2007.01.14 23:20 URL | 世論調査が始まっています #- [ 編集 ]

反対。自分自身の意見を持たない国民が圧倒的に多くなりました。その原因は真実を伝えないマスコミの責任が大きいと思います。この10数年魔女狩のような報道ばかり、何か叩く対象を探しているような報道。でも自分自身、や最大権力者の政府、自民党、公明党には甘い。世論操作してるんじゃない。と思うことばかり。今回の法案にもトーンが低い

2007.01.15 13:41 URL | suzuki #- [ 編集 ]

この法案には反対です。あまりにも企業よりの内容で、現在の下層で働いている人間の現状を無視しているようにしか思えません!少し前までは過労死を問題化していたにもかかわらず、今度は逆に過労死に拍車をかけるような事をするなんて...自分達には関係ないと、こんなにも粗悪な事が考えられるのですね。

2007.01.16 09:44 URL | ベス #- [ 編集 ]

私の夫は営業職です。会社は一部上場企業ですが、労働時間は12時間ぐらいでしょうか。もちろんサービス残業あります。
休みも月に4~5日しかない状態です。
こんな横暴な会社なので、このホワイトカラー・エグゼンプションが導入されれば営業職といえどなんらかの影響がでかねないと心配しています。

景気が上向きといわれていますが、うちには何の実感もなく、サラリーマン増税やゆくゆくの消費税アップ、、、どこまで企業優遇なのでしょうか…!

ボイコットという書き込みがありましたが、そんな程度より大規模なデモが起こって欲しい、そんなデモがあったら子供かかえてでも絶対参加するのに!と思っています。

そういう動きってないものですかねぇ。。。

2007.01.18 00:37 URL | フジモジ #j7kPgX2Q [ 編集 ]

政治家による政治家のための政治
小泉が政権をとって以来弱い者いじめが顕著になった。教育改革・ホワイトカラーエグ?
(政・業癒着の構造である・柳沢なんて奴は税務署長上がりだ国民いじめは奴の本職だ)憲法改正(悪)・消費税増税:参議院選挙を前にして引っ込めた?
これまさに政治家の為の政治手法である。
家賃只の議員会館を使用しながら事務所経費を計上して遵法である。
腹が立っても、腹いせも出来ない
選挙は必ず投票しているが自由民主党には絶対に入れない。
支持政党の候補者が落選しても、決して無駄な投票だとは思っていない。アンチ自民!!

2007.01.18 12:16 URL | ボッタクラレ #- [ 編集 ]

大手日本企業や外資系では何年も前から『見なし手当て』(裁量性で一律の残業代が支給される)を適応している所が多いですよ。

私の旦那は30代半ば、大手日本企業で事務職をしていますが、月の残業時間が30時間以上になる為、上司に勧められ『見なし手当て』を適応しています。1日の残業は4時間~5時間が多く、月の残業に換算すると80時間以上になりますので、概算24万以上の残業代が支給されるところ、月10万の見なし手当てが支給されています。

緻密なデータを扱い、戦略を練る仕事なので仕事に終わりが見えず、割に合わないと言ってることもよくあります。が、彼の前職では業務の能率の悪さや残業代目当てで不必要に長時間勤務する人がおり、業務時間内に仕事をこなす人との間で釈然としない不公平感が生じてたと聞きます。

私は中規模の企業で一般事務職についているのですが、会社経営が悪化しており、先週から残業時間削減するよう社内通達が流れたところ、今まで1日2~3時間残業していた同僚の残業時間が目に見えて減りました・・・。

ホワイト・エクゼンプションを導入した場合、『みなし手当て』を貰っている人にどの程度影響を与えるのかが予測できませんが(影響はないと思ってるのですが)、内容を伴っていない残業代を企業が支払う義務はないと思います。

一定の収入以上で、特殊業務に就く場合、残業代を一律にする『見なし手当て』の支給で企業は対応できないものでしょうか。





2007.01.23 10:53 URL | MiCa #- [ 編集 ]

「残業代みなし手当て」を廃止する動きも。

はじめまして。
この法案、なほこさんが書いていたように、いまだに「残業」を美学だとしている企業や人の多い日本の労働環境の問題を、”法案化することで強引にまとめようと言うのは企業側の怠慢にすぎない”と思います。
法案化するのであれば、もっと議論を重ね、サービス残業も無駄な居残り残業もなくすような内容にするべきだし、そうでなければ意味がありません。

ところで、基本給にあらかじめ一定額の残業代を含んで支給している会社が、これを廃止して、残業代を分けるという動きが出てきているようです。
これって、あきらかに、ホワイトカラー・エグゼンプション制度が適用されたら残業代をカットするため、ですよね。

2007.01.25 10:38 URL | マルコ #/2CD/BNk [ 編集 ]

RE:2006.12.28 13:58 URL | おすぎ さん

言いたい事は解ります。
ちゃんと運用されればWE法案も悪い点ばかりではないのは解るのですが、今の現状では到底マトモに運用されないであろう事は明白ですね。

ただ、
>やはり、同じ仕事量でも、だらだらやった方が金になるなんてやっぱりおかしいと思いますし、それが競争力の向上を阻害するということも否めませんし。

ここには異論があります、人には能力差が当然あるので他人から見ればダラダラやってるようにみえても本人はいたって真面目にやっている人も居る事を忘れないでください。

まぁ、これを是正するにはWE法なんて珍妙な制度などにたよらず社内教育、モラルの向上を行うのが一番効果的ではないでしょうか?


---
ところで話はずれますが、上の方で自民に入れないと言う方がチラホラいますが、私も自民の方針にはあんまり賛同できない部分(賛同できる部分もありますが)があります。

…が、自民以外の政党が自民に輪を掛けてダメダメ感が漂う(特に民主。何でも自民に反対。反対って。あと国防関連の政策はマジで国を滅ぼしかねません>民主)ので仕方なく自民に入れるしかないこの現状をまずは同にかして欲しいですよね。

2007.01.26 18:21 URL | 通りすがり #- [ 編集 ]

JANJANに
米国ワーキング・ウーマン報告
「ホワイトカラー・エグゼンプション」 米の実態 2007/01/15
http://www.janjan.jp/column/0701/0701148018/1.php
という記事が掲載され、一時「編集部のオススメ記事」になっていました。この記事の作者はジャーナリスト経験があるそうですが、FLSAの内容を確認もせず、個人的な経験を検証もせずに「米の実態」という的外れな記事を書き、それがオススメ記事というのは問題ありです。

2007.01.27 22:35 URL | ゴンベイ #eBcs6aYE [ 編集 ]

はじめまして。
ゲートキーパー法について弊ブログで書きましたが、そのときホワイトカラー エグゼンプションという語に、sons and daughtersさんのこのエントリーをリンクさせてもらいました。この法案の説明がとてもわかりやすくしてありましたので。ご報告が事後になって申し訳ありません。

2007.01.28 10:18 URL | suyap #sSHoJftA [ 編集 ]

>ここには異論があります、人には能力差が当然あるので他人から見ればダラダラやってるようにみえても本人はいたって真面目にやっている人も居る事を忘れないでください。

これは労働時間=お金の考え方ではないでしょうか。
たとえば100の仕事をするのに、10の時間で終わる人と100の時間かかる人では、どちらの報酬が高くあるべきでしょうか。
100の時間かかる人の方が、10の人の10倍もらえる。極端な例ですが、これが現状です。
長時間労働=がんばっているという構図は、なにか違和感がるとおもいます。

この制度のポイントは、仕事量と報酬量のバランスを、労働者側が決めることができるかどうかだと思います。
経営側から一方的に大量の仕事をこなすことを要求されるのでは、まったく意味がないですが、双方の話し合いで、年間目標(具体的には売上など)を決定できるのであれば、時間的余裕を自分で生み出せると思います。
もちろん、適用可能な職種ってのは絞られると思いますが。

2007.03.07 10:29 URL | たいち #IUgfhiNI [ 編集 ]

ホワイトカラーエグゼンプションは
参院選後に復活するか?

http://www.yoronchousa.net/result/2739

世論調査です

2007.07.18 20:56 URL | ジンガサウニ #- [ 編集 ]

はじめまして、ちょくちょく見に来てます。また遊びにきますね。

2008.10.22 00:36 URL | hanae #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/73-c7e780a8

ホワイトカラー・エグゼンプション制度
 ホワイトカラー・エグゼンプションとは、労働時間にかかわりなく成果を求められるホ

2005.10.23 01:52 | taki-log@たきもと事務所

お金を取るか、時間を取るか・・・ホワイトカラー・エグゼンプションについて
私の勤めている会社では今年度に入り一般職(この会社では、役職・資格により経営職、管理職、一般職に区分けをしており、一般職は係長以下または主事以下となります。)の労働時間管理に変化が見えてきました。 これまでは、深夜労働、休日出勤をしても管理職は見て見ぬ振

2005.10.23 09:20 | The South Tokyo Morning Blog

時間外手当、給与に含む場合も
 時間外手当が基本給に含まれると言うには、基本給のうちいくらが時間外手当かがはっ

2005.10.23 15:43 | taki-log@たきもと事務所

ホワイトカラー・エグゼンプション(適用除外)に疑問
厚生労働省傘下の今後の労働時間制度に関する研究会が第14回研究会の資料を19日発表した。一定水準以上の年収を得ている会社員を対象に、休日や深夜の労働に割増賃金を支払う規制から適用除外することを論点として発表している。実際には、これらの人は残業予算の制約..

2005.12.22 21:29 | 福禄太郎の時事評論

「ホワイトカラー・エグゼンプション」って長いからそのうちやっぱり4文字に短縮されるんだろう。「ワイエグ」でいいか?
まあ師走だてえんで北国の佐藤さんならずとも忙しい忙しい。僕なんざ自慢じゃないけどここんとこもう?ヶ月以上お休みてえもんがないんだからたまりません。テレビなんかもあんまり見れないから世の中何がどうなってるのが全然分からない。とにかくデタラメ建築事件とオリッ.

2005.12.24 13:53 | ワーストブログインジャパン

残業代がなくなる!?
お金がなければ、家は買えない。って何度も言ってますが、またこんなヘンなことになってます。花子はフリーランスなので、残業代とか関係ないですが、これはどう考えてもおかしいし、自分が会社員であろうがなかろうが、ひとりの労働者として絶対反対です!...

2006.07.28 23:47 | 賃貸シュギ

「【8月29日の必読記事】残業代なしでただ働きを強制される時代の到来」について
「【8月29日の必読記事】残業代なしでただ働きを強制される時代の到来」について

2006.08.29 23:26 | TANAKAらボタモチ

残業代がなくなる法律ができようとしている
なぬ!?ぼやっとニュース23を見ていて、思わずテレビにクギヅケになった。…その制度は『ホワイトカラー・エグゼンプション』というらしい。なんですか?その意味のわからない制度は?ちゃんと日本語で説明してくださいよ!ノンノンノン。コレは『アメリカ'sモノマネ』...

2006.10.25 00:34 | Piroshiki-shikishiki

(雑記)分かりやすいホワイトカラーエグゼンプション(記事)
今日は、今話題のホワイトカラーエグゼンプションについて見ていくことにしよう。概要ホワイトカラーエグゼンプションとは、ホワイトカラー(主に事務に従事する人々)における法定労働時間規制を無くし、残業等の手当てを無くそうという制度のことである。背景な....

2007.01.09 00:58 | 書評ぽーたる

「法案名が悪かった。今では反省している。」
 法案の提出が難しくなったのは名前が悪かったから――。一定条件の社員を労働時間規制から外す「ホワイトカラー・エグゼンプション」を巡り、導入を推進 してきた経済界でそんな「敗因分析」が広まっている。「高度専門職年俸制」(経済同友会の北城恪太郎代表幹事)とい

2007.01.17 22:37 | サラダボウル

ホワイトカラーエグゼンプション
最近話題のホワイトカラーエグゼンプション。エグゼンプション(exemption)とは免除、除外のこと。一部の労働者に対しては労働時間規制を適用免除するという制度。日本経団連:ホワイトカラーエグゼンプションに関する提言 私はこの制度に対して以下のような疑問点があ...

2007.01.18 07:06 | りゅうちゃんミストラル

追記:ホワイトカラー・エグゼンプション導入に断固反対!
■安心できない“先送り”平成19年1月17日、自民、公明両党の幹事長、政調会長、国対委員長が会談し、ホワイトカラー・エグゼンプション制度を通常国会には提出しない方針を確認した。この制度については以前のブログを見ても

2007.01.22 23:27 | sons and daughters -blog-

サッカーじゃないよ!恐るべしゲートキーパー制度
1月25日に通常国会が始まったけど、へんてこな法案がいっぱい並んでるなあ...これは、マジでヤバイよ>ニホン。7月の参院選をにらんで、今国会での提出を「いちおう」あきらめたことになっている「ホワイト・カラー・エグゼンプション法案」なんかも、なんだなんだなんだあ

2007.01.28 10:13 | ミクロネシアの小さな島・ヤップより

[comment]賛否両論「ホワイトカラー エグゼンプション」に関するまとめ
まずは・・・ ホワイトカラーエグゼンプションに関する提言 より引用。 ホワイトカラーは、「考えること」が一つの重要な仕事であり、職場にいる時間だけ仕事をしているわけではない。自宅に居るときや通勤途上などでも、仕事のことに思いをめぐらすことは、珍しいことで

2007.02.01 12:34 | Y_oshiblo_G

サービス残業が悪いんじゃなくて・・・
ブログで波紋 「残業代を払えない経営者は無能である」 「残業代を払わない」制度と言われる「ホワイトカラー・エグゼンプション」が話題になっている昨今だが、現在ネット上で、経営者の無能を突くブログ「アンカテ」の記事が話題となっている..........≪続きを読む≫[

2007.02.03 04:45 | ポンコツ。反骨。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。