上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「なんだ、あれが僕たちの探している青い鳥なんだ。僕達はずいぶん遠くまで探しに行ったけど、本当はいつもここにいたんだ」

これはメーテルリンクの童話『青い鳥』の中で、チルチルが言った言葉。大切なものは足元にあるということを意味している。

「恋人と別れた」「親を亡くした」「友達とケンカした」「年をとった」「病気になった」
何かを失ったとき、人はその大切さに初めて気付く。大切なものが側にあればあるほど、その大きさにはなかなか気付けない。それは人や形のないものだけでなく、物に関しても同様だ。大切さを計る物差しは人それぞれで、例え他人ではちっぽけに感じるようなコト・モノであっても、本人にとってはこの上なく大切な場合もある。しかし悲しいかな、人がその大切さに気付いた時は、それを失ってしまった時でもあるのだ。失ったものを取り戻そうとしても難しかったり、時には手遅れだったりする。しかしもし運良くその大切な何かを取り戻せたとき、その喜びは計り知れないものであり、そのものに対する愛情や執着心は失う以前よりはるかに高まる。

人や形のないものに関しては、失って気付いてからでは遅い場合が比較的多い。それは人の心だったり、時間だったり、自分の努力だけではどうにもならないことが関係してくるからだ。だからこそ我々は、身近な人や物事に感謝をしながら毎日を生きなければならない。しかしそれが物であったとき、取り戻せる可能性は十分にある。単純にその物が手元に返って来さえすれば良いのだから。その物が手元に返ってきた時、今まで以上にその物の大切さを感じ、手元にあることに幸せを感じる。少し大げさかもしれないが、言ってみれば落とし物をしたときというのは「より幸せを感じられるとき」でもある。ピンチであるがチャンスでもあるのだ。もちろん、手元に返ってくることが前提なのだが。

しかし現状、無くしてしまった物が手元に返ってくる可能性は高くない。昨年1年間に、全国の警察に届け出があった落とし物は過去最高の1070万件。しかしその落とし物が、持ち主の元に戻ったのはたったの335万件。落とし物をした人の3人に2人は無くしたまま返ってこないという状況だ。原因の一つは日本の遺失物法にある。

日本の遺失物法は1958年の改正以来、内容が全く見直されていない。現状の低い返還率を高くするためには、遺失物のデータベース化や都道府県警間でのネットワーク化が必要不可欠である。現状はそのデータベース化などがなされていないため、せっかく届け出があっても他の警察署に情報が行き渡らなかったり、個人情報保護の壁に阻まれたりして持ち主の元になかなか戻らない。スムーズに返還されるには、現状では同じ警察署に拾得物と遺失物の届け出が寄せられなければならないのだ。そんなうまい偶然が度々起こるはずもなく、現状の返還率はかなり低い数字になっている。早くデータベース化・ネットワーク化して、どこの警察署からでも遺失物の照会ができるような環境を構築すべきである。

朝日新聞によると、肌身離さず持っていた夫の遺灰を旅行中になくした女性が、どこの警察に届け出ても一括して照会できる仕組みにしてほしいと警察庁に要望してきたこともあるという。

「失って初めて大切さに気付く」というのは、本人の意識に問題があったから起こってしまったことである。しかし大切ものを取り戻したとき、人は大きく成長し、より幸せになれる。落とし物をした人にはそのチャンスがある。ぜひとも遺失物をデータベース化・ネットワーク化し、できる限り多くの人にチルチルのような想いを感じさせてほしい。これは、国民をより幸せにするための、極めて大切なことである。

2005.10.20 | 世の中 | トラックバック(2) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/74-01efca33

遺失物…
さて、今週のテーマは、「今まで一番悲しかった落し物は?」だそうですよ。自分では、まあ…所持品の管理はしっかりしている方だと思っていましたが…。実際、財布やケータイ、免許にカードの類は今まで一度も無くした事が有りませんし。しかしながら、よくよく思い出してみ

2005.10.22 11:30 | 仁和寺にある法師…

「遺失物法」改正
 お晩でございMars! 相変わらず、あっちこっちと、色々な現場を転々とさせられている。今日・明日は、比較的、自宅や事務所の近場なので、気分的に少しは楽だ。 さて、今日のお題は、「遺失物法」改正問題。今日も、新聞記事から・・・。  遺失物の取り扱い、見..

2005.10.22 20:57 | サソリのマークの別荘!でも、怖くないからね~(^_^)!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。