上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

前編からかなり日にちが空いてしまったが、今回は後編ということで、阪神タイガースの野手、見どころについて書きたいと思う。今日時点ですでにペナントレースが始まっており、阪神タイガースは2勝2敗とまずまずのスタート。たった4試合だが、要所要所で今年の阪神の戦い方を見ることができている。

打撃陣に関しては正直、文句なしの充実ぶりだ。選手層の厚さ、左右のバランス、若手とベテランのバランスなど、12球団でもトップクラスの戦力になっている。新戦力という視点で考えると、野手は見事なまでに補強せず、現有戦力だけで2006年の開幕を迎えている。しかし戦力は確実に昨年よりアップ。これはまさしく岡田監督の言う内部補強が成功しているのではないだろうか。

大きなポイントとして、浜中、林、鳥谷の成長が挙げられる。浜中に関してはようやく右肩のケガが(まだ完治ではないが)回復し、スタメンとして使えるメドが立っている(今日の広島戦では、なんと2本塁打!)。もともと打撃に関しては素晴らしいものを持っている選手なので、あとは好不調の波を少なくできれば、一気にスタメン4番の座を担える存在になるだろう。そして私が浜中以上、いや、もはや金本以上に期待しているのが、プロ入り4年目の林威助である。スラッガータイプの割に強振せず、柔らかいバッティングで急成長している、今年の“影の主役”だ。守備に関しては上手いのかどうかは不明だが、もし下手クソだったとしてもお釣りがくるくらいバッティングレベルが上がってきている。めっぽう強いストレートに対するバッティングはもちろん、変化球への対応もまずまず向上してきており、調子が良ければクリーンアップを打たせても良いくらいだと思う。あと、鳥谷に関しては、バットが体に巻き付くような軌道のスイングができつつあり、内角球への対応が驚くほど向上している。3割20本も現実的だ。

あと気付いた「期待できるポイント」は、シーツ、関本の好調。シーツは昨年に3割近い打率を残したが、三振の多さと勝負弱さが目についた。しかし今年はオープン戦から驚くほど好調で、体が前につっこみすぎてしまう悪いクセが全く出ていない。このままフォームを崩さずにできれば、フルシーズンで3割30本は打てるのではないだろうか。関本は引っ張る打球が昨年より増えそうな印象で、持ち前のパワーを活かすバッティングがようやくできつつある。昨年のホームラン0本を意識しすぎて、フォームを崩さないかだけが心配である。

個人個人で大きく期待できるポイントは以上であるが、全体的なバランスも素晴らしく充実している。相手投手の左右によってセカンドを藤本か関本、ライトを桧山か浜中と使い分けることができ、その場合の代打はその試合使われなかった前述の選手のうち2人、そして加えて右打者ではスペンサー、町田、浅井(←期待!)、左では片岡、林を使うことができる。他球団からうらやましいと思われるような布陣だ。そして夏場バテはじめる頃に重要となってくるのが、ベテランの存在。阪神には夏場に強い金本がおり、さらには桧山、矢野、片岡と精神的に支えとなれる大ベテランが多く存在しており、精神的な心配もあまりない。

そして最後に守備。比較的不安なのが今岡、浜中、金本なのだが、秀太や前田、中村豊や上坂が守備要員として十分使えるので、あまり心配する必要はない(まあ、金本は替えられないが)。そして守備で大きいのが赤星、矢野、鳥谷、藤本のセンターラインが安定していること。軸がしっかりしているので大崩れすることがあまりなく、守備からの大量失点はあまり考えにくい。

以上のように、阪神タイガースの打撃、守備に関しては不安点が少ない。しいて言うならば、不安はケガ人が出ることだ。キャンプ~オープン戦と目立ったケガ人はいなかったが、ケガ人が出る時は立て続けに出るものだ(2002年の阪神が良い例)。金本や赤星のように、骨折してまで出続けろとまでは言わないが、せめてケガをしないような自己管理をしっかりしてほしいと思う。それも含めて、「野球の実力」と言えるだろうから。

総括を言うと、今年の阪神タイガースは打撃のチーム。投手陣の不安(と言ってもそれなりの投手力はある)をカバーするだけの野手が揃っている。「野球の基本は投手」と言うように、本当なら投手力をベースにした守りのチームが理想なのだが、その理想を消し去るくらい野手が充実しており、1年間を横綱相撲で戦い抜くことができるだろう(ちょっと言い過ぎかも)。順位予想としては、期待抜きでも優勝。対抗馬は巨人。よって、2強4弱になると予想している。

最後に、今年の阪神の見どころを挙げてみる。
 1) 金本のフルイニング連続出場世界記録904試合達成
 2) 井川、浜中の復活
 3) 新ヒーローの出現(林、鳥谷、江草、能見など)
 4) 巨人との伝統の一戦(新生巨人は強く、良い野球をする!)
 5) 若手の台頭(赤松、喜田、桜井、筒井和、岩田、田村など)
 6) 交流戦での復刻版ユニフォーム(今年はビジターのブルーのやつも)
 7) 岡田監督の毒舌ぶり


以上。
ちなみにパリーグはソフトバンクが優勝すると予想(ベタやけどしゃーない)。

2006.04.06 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/90-24b4e222

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。