上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

等身大のラブソング(Aqua Timez)
友達がカラオケで歌っているのを聞いて、その歌詞に感動しました。なんか、照れくさいことを照れずに言えるかっこよさっていうのを感じる歌。こんな歌詞みたいなことを彼女とかに言ってあげられる男って、めっちゃカッコええんやろなあって思う。このAqua Timezっていうグループのことは全く知らんけど、こんなにストレーな歌詞を書ける人ってなかなかいないんちゃうかな。「不器用やけど・・・」って感じのラブソングで素晴らしい曲。なんか三木道山の『LifetimeRespect』って曲を思い出しました。あれもごっついストレートな曲でかっこよかった。曲調はちょっとヒップホップ調なポップスって感じで、なかなか万人ウケしそうな曲。個人的にはそんな好きな曲調じゃないけど。

この曲で一番好きなところは、やっぱり後半の「おまえが何かに傷ついた時に・・・」からの部分。なんか、どんなに落ち込んでても、どんなに後悔することをしてしまっても、このフレーズがすべてを許してくれそうな気がします。自己嫌悪になったときに励ましてくれそう。サビの「百万回の愛してるなんかよりも・・・」っていう部分も好きな人は多いやろうけど、百万回も「愛してる」って言うのはそれはそれですごいと思う。まあでもこれは「口先より行動」っていう意味なんやろうけどね。言葉も大事やけど、行動や態度がもっと大事やってこと。単純なことやけど、これってなかなかできるモンじゃないよなあ。行動できるかどうかは、やっぱ気持ちがあるかどうかが大きく関係してくるから。なんか、そんな単純で難しいことを考えさせてくれる歌。めちゃ良い曲です。

男はバカなのか俺がバカなのか(MALCO)
サビまではなんかベース漫談みたいな雰囲気が漂う曲。でもサビは男の気持ち(?)みたいなことをガツンと歌っていて、心に響きます。彼女に書いた手紙のようで、彼女との思い出を綴った日記のようで、自分を当てはめやすいような歌詞が印象的です。長く付き合ってるカップルにものすごく合う曲。サビ以外の部分は起こった出来事を日記のように書いた歌詞が中心で、逆にサビだけは気持ちの入った歌詞をガッツリ入れています。そこがグッとくるポイントですね。あと、「ケイタイ」とか「コンビニ」とか「プリクラ」とか、生活レベルの単語が出てくるところがリアルな想像をかき立てる大きな要素になってる気がします。

ボーカルの宗ひろしの声や歌い方は個人的にかなり好き。変に気持ちを込めすぎない雰囲気の歌い方で、声が分厚くて、ちょっとしたダラダラ感のある感じ。奥田民生とかフジファブリックなんかの歌い方に似た雰囲気があるかも。なんか、トボけてるようで、テキトーなように見えて、実はいろいろ考えて頑張ってるねんぞ、っていう人みたいで、理想の男に近い雰囲気を感じます。ぜひともカラオケで歌ってみたい。「コンビニで今日も・・・」の部分なんか気持ち込めまくりで熱唱してみたい。

この曲のタイトルにあるように、男はある意味バカな生き物だと思います。この歌詞に出てくる人物も、僕自身も、自分の周りにいる人たちも、男特有のバカさをみんな持っている気がします。バカやけど、一生忘れちゃあかんバカさやと思う。だからこの曲が素晴らしいと感じるんやろうね。

幸せをありがとう(ケツメイシ)
結婚ソングのもはや定番と化している名曲。この曲が大学時代からの友人の結婚式の入場シーンで流れて、その瞬間ちょっと鳥肌が立ったのを覚えています。僕自身、結婚願望は今はあまりないけど、この曲を聴くたびに「結婚っていいモンかも」って思います。この曲も前述の2曲と同様、彼女に対して気持ちをストレートに言葉にして歌っている歌。歌詞一つひとつが光り輝いてる気がします。一見キレイごとを歌った内容に思える歌詞やけど、結婚する二人にとってはキレイごとは本当にキレイなことになるんやなあって聴いてて思います。

「幸せは手を広げて求めるものでなく繋いだ手の中に生まれる」っていうところ、いろんな意味で思い出深い歌詞です。鳥肌が立つほどの結婚式を挙げた友人は、来年ついにパパになるらしい。繋いだ手の中から生まれた幸せがひとつの形になったって感じ。素晴らしいね。かっこいいぜ。幸せって、見てるだけで「ありがとう」って思えることがある(ただし、全く思えないこともある)けど、この曲は彼氏が彼女に言う「ありがとう」だけじゃなく、二人に対する第三者からの「ありがとう」を歌った歌でもあるように思える。なんか結婚の“魔法”みたいなモンを感じて、ほんわかできます。

この秋に結婚する会社の後輩の女の子もこの曲が大好きで、カラオケ行くととりあえず誰かが彼女のために(?)この曲を歌っています。彼女自身も歌ったりもするくらいで、何回聴いても、誰が歌ってても、たとえ歌詞を咬んでも変わらぬ素晴らしさを放ち、聴く度に感動を覚えます。結婚式の一番泣かすシーンで流されたら間違いなく号泣するやろなあ。

2006.06.24 | 音楽 | トラックバック(1) | コメント(2) |

トラックバックありがとうございます(´∇`)
初めてのトラックバックなので嬉しいです。

2006.06.26 18:45 URL | Nana #- [ 編集 ]

>Nanaさん
こちらこそありがとうございます。またどうぞ宜しくお願いします!

2006.06.26 22:05 URL | エツ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/97-141db30a

等身大のラブソングAqua Timez
FMか何かで聞いたAqua Timezの「等身大のラブソング」を会社が終わってから、ずっと探していました。100万回の愛してるなんかよりもぎゅっとぎゅっと抱きしめた方が早いんだろう♪というやつです。不器用やなぁ(笑)愛してるって言って、さらに抱きしめてし...

2006.06.23 23:54 | MiniとMinmiと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。