上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

【かもめ食堂】 10点
誰もが好きになる映画では決してないけど・・・最高でした。
僕は気に入った映画でもDVDやサントラを買うことはほとんどないんですが、この映画を観て思わずサントラを買ってしまいました。DVDも出たら買うつもりです。印象をひと言で言えば「うたた寝しながら観たい映画」。全体的に音楽もほとんどなく、スローなテンポで抑揚もなく進んでいく感じがかなり“気持ちいい”と思える空気のような映画。小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの3人の個性を十二分に活かし、それでいて3人を調和させている塩梅が絶妙でした。映画の終わり方もここ数年に観た映画の中では一番良かった。ダラダラしてるようでダラダラしてなくて、素晴らしく良いメリハリを感じました。

この映画の大きなポイントは音楽とカメラワーク。映画の中で音楽はほとんど流れていませんでした(サントラ買ったけど15曲合わせてたった19分!)。これはフィンランド・ヘルシンキのゆったりした雰囲気を出すことが狙いなんでしょうね。音楽がほとんどないにもかかわらずカメラワークやセリフにテンポがあり、ゆっくりとした中にもリズムが生まれていました。ヘルシンキの雰囲気を出し、それでいてダラダラした感じを出さなかったところに監督の上手さを感じました。カメラワークがたまに食堂の中にいる一人の目線のようなアングルになっていたことも良かった点の一つ。潜在的に「かもめ食堂」にいる人の一人になった気がして、“映画を観てる”というよりも“映画の中にいる”ような感覚を覚えさせてくれました。

主人公の3人は何かしら深い理由でヘルシンキに集まっているようでしたが、それをすべては明らかにしなかったことも気に入った点のひとつ。謎が多く残ることで様々な想像力をかき立てさせられました。でも、あくまでストーリーはその部分に焦点が当たらないように進んでいくので、終わってから気持ち悪い感覚も感じなかった。すべてが監督や脚本の狙い通りなのかどうかは知りませんが、そういう細かい部分に僕はハマりました。「絶妙!」って思えるポイントが多かったです。登場人物がかなり少ない映画であることも、僕にとってはけっこう好きなポイントですし。

コミカルでほんわかした雰囲気でボーっとしながらでも観られる映画ですが、映画から感じられる“大きなもの”もありました。小林聡美があるシーンでボソっと言った「人間は変わっていくから」の会話のあたり。その部分がこの映画の伝えたいことだったのではないでしょうか。それについて小林聡美は多くこそ語ってはいませんが、寂しさとか強さ、弱さとかが垣間見えて、人間の過去や未来、出会いや別れなどについて考えさせられました。良い映画を観ている時って、観ながらいつの間にか考えごとをしてしまったりします。数分後にあわてて映画に戻るんですが、その感覚が僕はかなり好きです。なんか深いものを感じる映画って、こんなふうに僕に考えごとをさせる傾向がある気がします。そこがホンマにたまらんのです。でも言っておきますが、この手の映画は嫌いな人も多いはずです。“事件”が全くないですから。


【DEATH NOTE デスノート 前編】 5点
思ったよりは良かった・・・程度の映画。
漫画はけっこう好きでよく読んだんですが、こういう人気漫画みたいなものを映画化するとたいがいが駄作になる傾向があります。『ドラゴンヘッド』なんか最低最悪やった。でもこの映画はそんな予想に少しだけ反して、まあまあ楽しめました。原作の一番おもしろい部分を映画化しているんで、まあそりゃあオモロイわな~って印象です。良くも悪くも漫画を忠実に再現しているから、フツーに漫画を楽しんでいるのと同じ感覚で観れました。主人公のライトの冷酷ぶりもなかなか良い感じに出てましたし。

ただ、これは完全なる「商業用の映画」ですね。漫画を忠実に映像化することに全力を注いで、映画ならではの演出や展開は完全に捨てたって感じがします。ストーリーが漫画と違っているのは当然として、リュークのCGもLやライトの見た目も、新規ファンより既存の漫画ファンを引き寄せることを完全に狙ってるって感じがしました。前編・後編に分けたことについては、内容的に2時間では詰めきれないっていうのはわかるんですが、ちょっと乱暴すぎる気がします。2時間の完結ものにする技術やアタマがなかったと露呈しているようなモンですし、特に終わり方がお客さんのことを考えてないような乱暴な終わり方のような気がしました。もしかしたらこの映画の出来(というか原作自体)に相当な自信があるのかもしれないですね。なんかテレビで最近よくある「結果はCMのあと・・・!!」みたいな、「延ばして延ばして・・・」っていう戦法を露骨に使っている感じがして、あまり好きじゃないですね。100歩譲ってこの方法をとらざるを得なかったとしても、前編を観た人だけ後編の入場料を安くするとかしてくれないと、映画制作側の“いやらしさ”だけが伝わってしまってイヤですわ。

映画の内容で言うと、僕としてはもっと漫画と違うことをしてほしかった。漫画のイメージを壊さないようにしすぎていたので、すべての映像で「ムチャできない」感があり、つくりもののような“ハリボテの世界”って感じに見えました。僕ならもっと生活感のある映像を描こうとしていたと思います。あと、リュークの存在にかなり違和感があったのも気になった。漫画でも多少の違和感はあるんですが、映画ではあえて登場させないくらいのことをしても良かったと思います。もしくは、限りなく人間に近い存在・ビジュアルにするとか。あのCGはちょっとキツいっす。

あと、この映画はとにかく役者の演技がヘタ!ちょっとヒドすぎじゃないでしょうか?藤原竜也も松山ケンイチも脇役もみんな。エキストラなんて特にひどくて、高校の演劇部よりヒドかった気がします。観ていてこっちが恥ずかしくなりました。よくあんな演技で監督はオッケー出したなぁって逆に感心します。プロやねんからもっとこだわって頑張れ!と言いたいですね。

最後にひとつ。「ライトがなぜ大切なものを犠牲にしてまでデスノートで犯罪者を殺し続けるのか」これをもっと大きく打ち出してほしかった。後編には何かしらの表現があるのかもしれないですが、前編の表現だけではちょっと足りない気がします。

2006.06.27 | 映画 | トラックバック(33) | コメント(11) |

そうなんだぁ。うんうん。
デスノートはマンガ読んでない
俺は楽しめるかな??

2006.06.27 07:55 URL | マッシー #- [ 編集 ]

 TBありがとうございますm(_ _)m

 かもめ食堂、誰もが一度は訪れたく
なるよーな質素で温かみのある雰囲気
ですよね。そこで働く人と訪れる客も
何かを背負いながら、でもそーゆーの
を感じさせない演出にもグッとくるも
のがありました。

2006.06.27 10:10 URL | たましょく #H84T0CS. [ 編集 ]

TBありがとうございました。
『かもめ食堂』は、私もDVDを買うつもりです。
この映画は、フィンランドの空気感があるからこそ、出来たんだな~としみじみ思います。
『デスノート』は、イマイチやったんですね?
まぁ、どーせ観ないんですが・・・
漫画の原作モノって、難しいですよね。

2006.06.27 16:49 URL | couronne #Py6QLX.w [ 編集 ]

TBどうもです。はじめまして。

デスノートのつくりってダヴィンチコードにも似てませんか?
一生懸命原作のつくりをなぞってはいるんだけれど、
原作を読んだ時に一番面白いと思ったところや
ここは絶対掘り下げてほしいと思うところが
いかんせん映画では表現できなかった・・と言う点で。
まだ前・後編分けただけよかったですけどね。

かもめ食堂のほうはどっちかいうと
30代以上の女性のほうが
感銘を受ける映画ではないかと思われ。
ホノボノするのか、生き方を考えるのか
いずれにしても自分の琴線にふれちゃうと
もうめちゃくちゃハマるんですが
まったりなオバサンムービーもまた
嫌われ松子と別の意味で人を選ぶかもしれませんね。

PS:デスノートはTBできたんですが、
かもめ食堂のTBは失敗しました。
また、遊びに来てくださいね。

2006.06.27 17:15 URL | Ageha #- [ 編集 ]

> マッシー
おっす!
マンガ読んでなくても、まあまあ楽しめると思うで。
なんせ原作で一番おもしろい(と俺が思ってる)ところを映画化してるからな。
マンガにかなりハマってる人はもっともっと楽しめるんちゃうかな~。
マンガとは違うことを期待してる人には「あんまり・・」な映画やと思う。

>たましょくさん
こちらこそTBありがとうございます~。
登場人物の背景を感じさせつつ、そこにスポットを当てすぎないバランス
が絶妙だったと思います。
こういうのって、理屈じゃない感覚が必要になってくると思うので、
監督をはじめとするスタッフにセンスがあったんでしょうね。

2006.06.29 12:43 URL | エツ #- [ 編集 ]

>couronneさん
こちらこそTBありがとうございます!
『かもめ食堂』のあの空気感を感じたら、間違いなく「行ってみたい」
ってなるでしょうね。気持ちよく過ごせそうな国です。
『デスノート』はイマイチでした・・・。
原作が別である映画って、作るのも観るのもむずかしいですね。

>Agehaさん
初めまして!こちらこそTBどうもです。
ダヴィンチコードは僕はまだ観ていないんですが、そうなんですか。原作のつくりを一生懸命なぞった映画って、どうしても詰め込みすぎたり深い部分まで入り込まなかったりして「う~ん・・」って思うところがあります。なかなか難しいんでしょうね。

かもめ食堂は、確かに女性ウケする映画ですね。お客さんもほとんどが女性でした。
「生き方を考える映画」ってその通りだと思います。人それぞれ映画の楽しみ片は違うでしょうから一概には言えませんが、僕はめちゃくちゃハマりました。でも「ぜんぜんダメ」っていう人もいるんですよ。そこがまたおもしろいトコですね!

また遊びに行きます。ではでは。

2006.06.29 12:47 URL | エツ #- [ 編集 ]

こんにちは、jamsession123goです。
リンクをたどってやってきました。
この監督の映画は、以前に「恋は五・七・五」をみたのですが、この映画はそれより遙かに良かったですね。
意外だったのは、小林聡美が美しく撮れてるということ。
意外な一面を見た気がします。
映画は、静けさの中にしみじみとした味わいがあり、終わった後から感動が押し寄せてくる感じでした。
良い映画でしたね。

2006.07.01 20:02 URL | jamsession123go #- [ 編集 ]

>jamsession123goさん
恋は五・七・五は観てないんですが、かもめ食堂はほんとに素晴らしい映画ですね。小林聡美さん、確かに美しく撮れていました。年齢を感じさせないくらい美しく見えました。
僕も映画が終わってからどんどん感激が高まりました。なんででしょう・・・?観てる間よりも終わってから感激するなんて、なんか不思議ですね。

2006.07.02 13:43 URL | エツ #- [ 編集 ]

こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。

>潜在的に「かもめ食堂」にいる人の一人になった気がして、“映画を観てる”というよりも“映画の中にいる”ような感覚を覚えさせてくれました。

ここの部分、妙に納得しちゃいました。
jamsession123goもこの映画の雰囲気が大好きです。
こんな映画にめぐり逢えるので、映画ファンは止められませんね。

2006.07.02 16:05 URL | jamsession123go #- [ 編集 ]

こんにちは。
「かもめ食堂」、サントラ買われたんですね。15曲で19分というのも貴重な感じがします(^^)
私もこの映画の雰囲気、何気ない台詞が印象的でした。
小林聡美がナチュラルな艶っぽさを醸していたのもよかったです。

2006.07.03 06:39 URL | ray #mQop/nM. [ 編集 ]

>jamsession123goさん
そうですよね。映画って、「観る」以外にも当てはまる動詞がたくさんあるもんだと思います。なんか不思議な力を持っている(ものもある)というか・・・。自分の中の感覚が研ぎ澄まされるっていうか。なんか、いいですよね。
あと、ブログ見せてもらいました。またちょくちょくお邪魔させてもらいます!

>rayさん
サントラ、買ってみてびくりしました。15曲もあるのに19分って!で、損したなんて微塵も思いませんでした。19分だろうが何だろうが、聞いてその映画の感覚を思い出させてくれたらそれでオッケーですよね。何気なく心に残る内容で、すばらしい映画だと思います。

2006.07.04 13:15 URL | エツ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sons.blog4.fc2.com/tb.php/98-d873bd78

かもめ食堂
今月はまだ映画については書いてなかったですね~。まあ、青森に来ても映画が観られない訳ではなく、ちょっと遠いけどイオンのシネコンがあるし、片道2時間弱掛かったけど(^_^;)、試写会にも行ったし。でもやっぱりシネコンだとホントにメジャーな作品しかやってないので

2006.06.26 21:56 | 欧風

「デスノート前編」
「デスノート前編」観て参りました。参りました。マイッタ!面白い!山田君、座布団百

2006.06.26 22:08 | 四十男の鉄下駄映画修行

かもめ食堂
今週の火曜日、ブロガー試写会と銘打って、小林聡美主演の映画 「かもめ食堂」 の試写会が行われた。オレもブロガーの端くれとして参加してきたのだが、実はオレのブログ、普段の生活での戯言を書いた「生活」というのを除き、「映画」のカテゴリーが「音楽」のカテゴリー

2006.06.26 22:11 | ださいおさむの憂鬱な日々…

DEATH NOTE デスノート 前編
観てきました。<新宿ジョイシネマ1>監督:金子修介脚本:大石哲也音楽:川井憲次すっかり覚えちゃいました。「このノートに名前を書かれた人間は・・・・・・・・死ぬ」のキャッチ。ご多分に漏れず原作のファンなので、実は今年前半で一番楽しみにしていた映画。前編と言

2006.06.26 22:39 | お萌えば遠くに来たもんだ!

『かもめ食堂』
それはヘルシンキにある食堂でした。こころをこめた「いらっしゃいませ」とおにぎり。毎日ふつうで、おいしくて、小さいけれど堂々としていました。■監督・脚本 荻上直子■原作 群よう子(「かもめ食堂」幻冬舎刊)■キャスト 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、マル

2006.06.26 22:47 | 京の昼寝~♪

映画「 デスノート 」鑑賞
原作は読んでいません。って言うか、「 デスノート 」って言う”存在そのもの ”を全く知りませんでした!1500万部突破の大ベストセラー・カリスマ・コミックなんですね!最新刊12巻は7月4日の発売だそうですね!何~にも知りませんでした!「 週間少年ジャンプ 」

2006.06.26 23:03 | C級セールスマン講座

「デスノート 前編」本当に怖いのは人間の心の中にある
「デスノート」★★★☆藤原竜也、松山ケンイチ、香椎由宇 主演金子修介監督、2006年そのノートを持つ者が、そこに名前を書くと、書かれた人は死んでしまう。殺人を犯しながら罪の意識も無いまま、司法の壁に阻まれて、刑を免れる悪人をバンバン殺...

2006.06.26 23:23 | soramove

『かもめ食堂』を観て来ました!
『かもめ食堂』鑑賞レビュー!かもめ食堂。それはフィンランドのヘルシンキにありました。ハラゴシラエして歩くのだ。(注)ハラゴシラエしてから観るのだ。製作年?2005年製作国?日本日本公開?2006年3月11日(シネスイッチ銀座ほか)全国順次ロードショー上映時間?

2006.06.26 23:28 | ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!

『DEATH NOTE デスノート 前編』
緊迫度[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]    2006/06/17公開   (公式サイト)CG度 [:結晶:][:結晶:][:結晶:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:]満足度[:星:][:星:][:星:]  【監督】金子修介【脚本】大石哲也【原作】大場つぐみ/小畑健(漫画) 

2006.06.27 00:10 | アンディの日記 シネマ版

★「かもめ食堂」
小林聡美主演。全編フィンランド・ロケで作ったらしいね。共演は、片桐はいり、もたいまさこ・・・すんごいオバサン・トリオ。

2006.06.27 00:11 | ひらりん的映画ブログ

『かもめ食堂』
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:]        (公式サイト) (公式ブログ) 癒し度 [:おはな:][:おはな:][:おはな:][:おはな:]映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:]満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]【監督】荻上直子 【脚本】荻上直子 【原作】群ようこ  『か

2006.06.27 00:12 | アンディの日記 シネマ版

かもめ食堂
オールフィンランドロケとなった邦画です。何故か、フィンランド、ヘルシンキで「和風の家庭料理を中心とした料理を出す『食堂』」を開いている日本人女性サチエ(小林聡美)。そして、この女性とヘルシンキの街で出会う、ミドリ(片桐はいり)とマサコ(もたいまさこ)の二

2006.06.27 00:14 | 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~

【劇場鑑賞30】かもめ食堂(ROUKALA LOKKI)
いらっしゃい(o゜▽゜)ゝ♪ハラゴシラエして歩くのだ。かもめ食堂。それはフィンランドのヘルシンキにありました。

2006.06.27 00:41 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

かもめ食堂
スケジュールが詰まっていて、いつも何かに追われているようなせわしない日本の大都市での生活とは違い、フィンランドでかもめ食堂を営むサチエ(小林聡美)の生活にはほっと息をつける余白がある。サチエにとって、かもめ食

2006.06.27 00:53 | Kinetic Vision

[ かもめ食堂 ]おいしい時間をありがとう
[ かもめ食堂 ]@銀座で鑑賞。スローライフな国、フィンランド。すべてがゆったり、ゆっくりしている。時間に追われていない。仕事のために走っている人もみかけない。のどかな国である。そんな場所で、「かもめ食堂」という小さな食堂をオープンする日本人女性・サチエ(

2006.06.27 01:06 | アロハ坊主の日がな一日

デスノート /DEATH NOTE ☆前編☆
先行オールナイトに行ってしまった~{/face_warai/}少年ジャンプのコミックにハマってしまったのはこれが最初で最後{/face_nika/}以前も書いたことだけど、こんなに面白いとは{/kirakira/}と。。。(ジャンプの連載じゃなく単行本で読んでます☆) コミック原作{/fuki_suki

2006.06.27 01:09 | 我想一個人映画美的女人blog

映画「かもめ食堂」を観て
 ああ、この映画を、ずっと観たかったのだ! 1月に、日比谷のシャンテシネに「秘密のかけら」を観に行って、「かもめ食堂」のチラシを手にして以来、ずっと、観たかった。 「シネスイッチ銀座」のタイムテーブルは、私泣かせだった。しかし、私は銀座行きを決行した。銀

2006.06.27 06:34 | とみのひとりごと

DEATH NOTE -デスノート- 前編
見応えと眠気が同居した曖昧な映画。原作を知らない人にはつまらないかも・・・

2006.06.27 09:50 | Akira's VOICE

かもめ食堂
「かもめ食堂」評価 ★★★★★(4.5)『あらすじ』 フィンランドの首都ヘルシンキでひとりの日本人女性・サチエ(小林聡美)が「かもめ食堂(RUOKALA LOKKKI)」を開店させる。シンプルなメニューのメインは「おにぎり」。しかし、異国の地で...

2006.06.27 10:11 | 何を書くんだろー

DEATH NOTE デスノート 前編
『DEATH NOTE』公開:2006/06/17(06/17)監督:金子修介原作:大場つぐみ    『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)     小畑健 (作画)出演: 藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、津川雅彦、藤村俊二、鹿賀丈史名門・東....

2006.06.27 12:00 | 映画鑑賞★日記・・・

映画「かもめ食堂」
我が家は海外旅行に行く時にスーツケースは持って行きません。だからいつも飛行機が到着したらファーストクラスの乗客、乗組員よりも早くゲートから出てくるので驚かれることがあります。ヽ( ´ー`)ノで、この映画はスーツ

2006.06.27 12:11 | ちょっとひとことええでっかぁ~♪

デスノート 前編
後編も観たいかも・・・[:わーい:]なかなか面白いゾ~[:ムード:]原作コミック読んでないけど観ちゃった!原作を未読でも、充分面白いです。中村獅童さんに告ぐ・・・これから“顔”は出さずに“声優”で出てください。って言いたいくらい、今回は“死神リューク”の声が良か

2006.06.27 15:06 | UkiUkiれいんぼーデイ

映画『DEATH NOTE』先行上映(ネタばれなし)
ごぶさたのひいなです。映画『DEATH NOTE』先行上映を見てまいりました-♪原作の方の『DEATH NOTE』は私が唯一先が読めないミステリ感覚の漫画です。簡単にミステリとくくれる作品ではないのですが、あえてグループ分けするなら、そう、推理物。探偵も出てくるし。探偵と

2006.06.27 15:45 | あっちゃん語録

『かもめ食堂』を観た
前評判が高かった、カモメ食堂を観に行った。元々、『やっぱり猫が好き』から小林聡美という女優さんが好きで、ドラマ見たり、彼女の書いたエッセイを読んだりしていました。舞台になったフィンランドは、数年前に行って以来、もう一度訪れたい外国のひとつとなっていて、愛

2006.06.27 16:44 | ★CAFE COURONNE★  器用ビンボーの戯言

リュークってかわいいっ。~「デスノート・前編」~
初日9時40分R170にて。 混んでるのかと思いきや意外にシートの半分くらいといったとこ。 ほとんどが中学生男子の友達同士で 多分原作読んで期待してやってきたカップルとか あと、ぽつんぽつんとどう見ても私よか年上のおっちゃんがひとりで 鑑賞に来てたのが印象的だ

2006.06.27 17:04 | ペパーミントの魔術師

「かもめ食堂」
観て来ましたよ~、「かもめ食堂」!フィンランド、ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂。主は日本人女性のサチエさん。メインメニューはおにぎり。でもお客さんはなかなかやってきません。サチエさんは扉が押される日を待ちながら、食器を磨き続けます。あ...

2006.06.27 21:21 | ++ poco a poco ++

かもめ食堂~フィンランドからこんにちわ!
フィンランドと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?白夜?それともムーミン?知ってました?(この言い方、映画を見た方なら分かるはず)フィンランドって日本から一番近いヨーロッパだそうです。(約10時間で飛行機で行けるらしいですよ)邦画初のオールフィンランドロケ

2006.06.28 01:55 | Osaka-cinema-cafe

『かもめ食堂/ruokala lokki』
かもめ食堂(日本/2006) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄この映画には書きたいことがあって困ってしまいます.思いついたままに書いてみます. ある夏の日,ある日本人女性が外国に日本食の食堂をオープンし,そこで起きる出来事を描いた作品です.どこかにありそうなストーリーで

2006.06.28 19:39 | 路上の風景~landscapes on the road

『かもめ食堂』・試写会
今日は某雑誌サイトで当選した 『かもめ食堂』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆

2006.06.29 22:35 | しましまシネマライフ!

新・性感帯???
旦那が全然求めて来ないとです!?・・・・もなみです。そんな事はどうでもいいの(笑)舌を噛んでしまったんだけどね。急いでご飯食べてたら噛んだだけなんだけどー・・・・

2006.07.02 13:46 | ビバラムジカ

映画のご紹介(149) かもめ食堂
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(149) かもめ食堂-カモメ食堂の静けさが心地よい。昔、太った三毛猫を飼っていて、その猫に餌をやり続けたらその猫はますます太ってしまった。その猫が死に、サチエ(小林聡美)は大い....

2006.07.02 16:04 | ヒューマン=ブラック・ボックス

北欧雑貨に注目♪「かもめ食堂」
昨年の夏、子供と「デンマークのデザイン展」のワークショップに 参加してからデンマークを含む北欧デザインが気になってます。 なにより色がきれい、シンプルなんだけどあたたかさがあり, かわいいんだけど子供っぽくなく、毎日使える手軽さがありながら、 センスがいい!

2006.07.02 16:28 | CouchCinema*カウチシネマ / b

もし実在するのなら、絶対に行ってみたいぞ、この食堂!
「かもめ食堂」  ソウルフードって言葉があります。「魂の食物」。なんだか気力を失った時に、これを補給すれば、元気を回復できるというもの。大阪人の私にとって、これ

2006.08.03 18:46 | 人生はお伽話もしくは映画のよう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。